栗駒山・産女川 


東北の沢・岩手県の山
産女(うぶすめ)川遡行〜笊森避難小屋〜須川温泉

登山日 2000年7月27日〜28日

参加者 山野(CL)、高松

コース・タイム

○7月27日(晴)

大宮7:22-9:46一ノ関9:50-11:12タクシーにて産女川-14:10桂川林道にかかる橋14:28-16:00五段の滝-17:45大滝下、6mスラブ滝(キャンプ)

○7月28日(晴)

キャンプ地5:50-8:00大滝上-9:15、12m滝9:35-10:10チョックストーン3m滝上-12:00トヨ状の10m滝(昼食)12:33-13:50二俣-14:37笊森避難小屋15:25-16:57須川温泉(タクシー)17:55-18:55一ノ関

 真湯温泉から桂川林道を経て産女川へ入渓すべく、一関駅からタクシーに乗る。運ちゃんは近道とか言って、真湯温泉の手前から山道へと入っていく。だいぶ南の方へ走っていくので、だんだん心配になってくる。我々が指し示した地形図を見ようともしない。地形図通り行けば間違いなく桂川林道に行けるのに。そのうち運ちゃんは道がわからなくなり、たまたま出会った釣り人に道を聞き、それでもわからなくて、産女川までの道を釣り人に先導してもらう。ようやく辿り着いた入渓点は桂川林道と合流する地点よりも、大分下流であった。釣り人から「クマとマムシに気をつけて」と言われ、遡行を開始する。長い長いゴーロであり、時々あらわれるナメが暑さから解放させてくれる。2時間弱で通過困難なゴルジュとなり、左岸の藪を漕いでいくと桂川林道にでた。しばし林道を歩き、再び入渓する。タクシーの運ちゃんが道を間違えなければ、ここから遡行を開始する予定であったのだが・・・・これじゃ、今日中の大滝越えは難しいなと思われた。
 しばらくは快適なナメや小滝が続く。ミソサザイの囀りが渓間にこだまする。ブナ、ミズナラ、カツラ、ナナカマドなどの落葉樹が茂り、心は憩らぐ。7mの幅広の滝はアンザイレンし、左岸の岩場を細かいホールドを拾いながら登っていく。岩床はきれいで、清流がよく調和している。大きな釜をへつり、流れる水の中、滝の中央リッジを登る。美しくえぐられた滝壺があって、6mの幅広の滝へと続く。清涼感あふれる遡行に心は躍る。優しいナメを踏み、美しい五段の滝を登ると6mの幅広の滝に出逢う。すぐ上には三段の大滝が望まれる。滝より大分右の壁を登ったがとても悪い。暗くなってきたので、「ここは明日登ろう」ということで、今日の遡行を打ち切る。今日は大滝の上まで行く予定であったが、入渓点が予定よりも下流だったので、日没時間切れもやむ得ないであろう。少し下ると格好の幕場があった。薪は乾燥していて、とてもよく燃えた。夜中、足が痛み出し、「あれっ、疲労骨折か?」と気をもむ。湿布したら、朝には治っており、ほっ・・マラソン選手ではないのだから、疲労骨折なんて考えられないよね。

 朝、明るいところで見ると、滝のすぐ右のスラブがルートのようだ。ホールドは極めて細かい。ランニング・ビレイをとりたいが、ハーケンをうちこめるリスはない。途中まで登ったが、手がかりがほとんどなく、一歩踏み込むと少し滑る。この一歩を乗り越えれば何とかなりそうなのだが・・結局は右岸を大きく高捲くハメになる。三段の大滝も合わせて高捲き、合計1時間の時間が過ぎていった。それでも見上げればブナの大木があったりして、森の雰囲気はいい。大滝の上はしばらくゴーロ歩きが続く。キセキレイが何羽も飛び交い、さわやかに囀る。やがて12mのチムニー状の滝に出逢う。上部がかぶっているようで、ルートが見えてこない。無理をせず、左岸の水のチョロチョロ流れるルンゼから高捲く。しばらく釜を持った滝が間断なく続く。ゴーロ帯の先の二段10m滝はアンザイレンして右の草付き壁を直上する。左にトラバースするところに残置ハーケンがある。燦々と降り注ぐ陽射しに汗ダラダラではあるが、緑の稜線が迫っていて美しい。やがて100mに及ぶナメ滝が現れる。明るく長閑な空間の中を水はさらさらと流れる。トヨ状の10m滝のところで、ソーメンを食べる。だいぶお腹がすいていたので、スルスルと喉を通っていく。再びナメが連続するようになり、幸せで心は憩らぐ。両岸にはキンコウカ、イワイチョウ、イワカガミが咲き乱れている。大きなスノーブリッジを無事通過すると大きな釜を持った二段15m滝が立ちはだかる。左岸の急峻な草付き壁をトラバースしていく。しばらくして二俣となり、右俣に入る。ナメを越え雪渓に入る。緑の山肌がまぶしく映える。花の咲き乱れる急登をつめ、14時37分、笊森の避難小屋につく。小屋は改築したばかりで、とってもきれい。一晩ここに泊まって行きたい感じであった。時間が遅かったので、栗駒山の頂上を踏むのはあきらめ、須川温泉へと下っていく。道端にはヒナザクラ、イワイチョウ、イワカガミ、ハクサンチドリ、キンコウカなどの花が咲いていた。

                      写真はこちら