雹の降る地獄谷・赤岳沢


八ヶ岳の沢
清里〜美の森〜赤岳沢〜赤岳〜横岳〜硫黄岳〜夏沢峠〜みどり池〜稲子湯
   
登山日 1969年6月14〜15日
参加者 山野(L)、富宇賀
コースタイム
○6月14日
清里6:40-7:25美の森直下8:05-8:40地獄谷取り付き点-9:50赤岳沢出合10:05-11:40、四段の滝上11:40-15:00、12mチョックストン滝-17:20真教寺尾根上部-17:45赤岳頂上小屋
○6月15日
赤岳頂上小屋5:40−6:35横岳6:45−7:30硫黄岳8:00−8:23夏沢峠-8:45本沢温泉9:00-9:45みどり池9:50-10:35稲子湯10:45-11:25小海

これは4つのパーティに分かれて八ヶ岳集中登山を行った時の記録である。

 小淵沢で西面登山パーティと別れ、東面登山パーティは小海線に乗り換える。小海線に乗ると豊かな広がりを持った八ヶ岳高原の奥に清冽な岩峰群を抱いた八ヶ岳本峰の山波が目に入る。南アルプスそして北八ヶ岳も眺望でき、さわやかな朝だ。清里駅で下車し、しばらく車道を歩き、美の森直下の水場で朝食をとる。朝食後、真教寺尾根パーティを残し、地獄谷遡行パーティは一足先に発つ。地獄谷出合までのルートは最初から川俣川東沢沿いの林道を行くのが最も近道であるが、私達は興味を持たすべく美の森から羽衣池を経て、牛首山中腹を巻いて林道へ出た。途中、美の森付近では小鳥の卵に出会ったり、雛を踏みつぶしそうになったりしながら、のんびりと歩む。新緑とレンゲツツジに彩られた道は楽しい。やがて伐採とダム工事で荒れ果てた地獄谷出合につく。出合から荒れ果てたゴーロの中を天狗尾根の岩峰を仰ぎつつ1時間ほど行くと、赤岳沢の出合につく。左手には立派な避難小屋が建っている。
 右手の沢が赤岳沢だ。ゴーロの中をしばらく行くと沢は二分する。左手は天狗尾根へと通ずるルートである。我々は右手の本流を遡って行く。倒木がひどく、出合より1時間ほどでようやく沢歩きらしくなる。行手には20mの大滝が立ちはだかっている。左手より大高巻きし、滝上に出る。昨年同様ここで昼食をとる。ここからの眺めは抜群で稜線までの沢筋が一気に見渡せる。だが期待を裏切り、昨年同様核心部を形成するナメや滝場のほとんどが雪の下にうずもっている。下部の元締の滝、ナメは雪渓の上を歩む。高度感は申し分ない。渓は狭まりゴルシュ帯となる。右手からの沢を2つほど見送ると7mのもろい滝に出合う。左手の岩稜を慎重に越す。次の8mの滝は軽卒にも左手の悪い壁にとりついてしまい、身動きができなくなってしまう。岩はもろく、さんざん苦労した挙句、もろいリスをみつけ、懸垂下降する。沢筋を忠実に遡ると左手よりナメ沢が注入する。この頃、雹を伴った雷雨に出会い苦戦する。昨年もこのあたりで雷雨にやられたことを思い出す。滝場のところだけは大きく雪渓が切れており、沢通しには進めない。左手を大高巻きする。12mのチョックストンを抱いた悪い滝もまとめて巻いてしまう。やがて沢は二分する。本流は右手だ。岩が濡れていて滑り易いので、左手の沢を少し行き途中より中間リッジに取付く。悪い這松帯をしばらく突き進んで行くと真教寺尾根上部に出る。岩稜を登りつめると直に頂上小屋に着く。17時45分。すばらしい残照が稜線を彩る。全員が無事集結したところで、タ食は特製の雑煮にありつく。タ食後みんなで今日の山行の感想を述べる。

 4時に起床し、5時40分全員(10名)元気に出発。今日は雲一つない快晴である。横岳、硫黄岳へと続く岩稜帯を快適に越す。360度の大パノラマ、さえぎるものは何一つない。残雪を抱いたアルプスの峰々は初夏の日射しに照り輝いている。硫黄岳の火口壁付近で30分もの大休憩をとる。ここで思い思いに時を過ごした後下山する。時計の針は8時を指している。まだ下山するには惜しい気がしたが、予定通り一路稲子湯へと向う。伐採の盛んな八ケ岳山塊でも夏沢峠付近はまだ木々が繁っており、鬱蒼としている。ジグザグの道を小鳥の合唱を聞きつつ下ると硫黄風呂のある本沢温泉だ。このあたりはシャクナゲとイワカガミが群生している。ここから稲子湯までの道は以前に来た時は密林におおわれており、その中にみどり池が静謐なたたずまいをみせていた。しかし、今や伐採で昔日の面影はまったくない。だが見通しが良くなり、天狗岳、稲子岳の岩壁が眼前にはっきりとのぞまれる。みどり池からは急坂を駆け下る。稲子湯着、10時35分。

              前年に遡った赤岳沢の写真