八ケ岳・阿弥陀岳広河原沢中央稜


八ヶ岳・舟山十字路〜中山〜第一岩壁〜第二岩壁〜阿弥陀岳〜行者小屋〜美濃戸口

登山日 1987年2月21日〜22日
参加者 梅溪(CL)、山野、西川、上田
コース・タイム
○2月21日(晴)
茅野10:30(タクシー)-11:05舟山十字路11:25-12:30(昼食)13:10-15:25中山15:40-16:50中山と第一岩壁の中間点(泊) 

○2月22日(薄曇のち晴のち雪)
テントサイト7:15-8:10第一岩壁下-8:30第一岩壁上-9:15第二岩壁上-10:35御小屋尾根分岐-10:55阿弥陀岳11:25-12:00行者小屋12:45-13:50美濃戸山荘14:10-14:50美濃戸口

 冬の八ケ岳と言えば、最近は北八ツに入ることが多かったが、本峰に入るのは実に16年振りである。冬山は美しい。けれど寒いし、厳しいし、準備が大変なので躊躇してしまうことが多い。でも思い切って行ってみれば厳しい気象変化の中で、純白に色彩られた大きな自然に感動する。しんしんと降りつもる雪の森を歩いていると心が落ちついてくる。
 ペンション村ですっかり有名になった原村をタクシーで通り過ぎ、舟山十字路から林道を歩き始める。正面にこれから登る広河原沢中央稜、右手に奥壁および南稜が指呼できる。林道を離れ、沢へ入ると少しもぐる。本谷と左俣の分岐点から左俣を少し遡り、赤ペンキの塗られた木を目印に、そこから樹林帯の急登を中山めざして登って行く。暖かい日が続いたので氷結層ができ、その上に新雪が積もっているのでいやな感じである。滑り易い急登だったが、途中でアイゼンをつけてからはピッチが速まる。軽いラッセルを続けながら樹林帯を登高する。今日は先に一人この稜を登っている人がいるが、顔を合わせることもなく、足跡だけが残っている。とても静かな我々だけの世界。中山を過ぎシラビソの樹林帯の中の雪を分けて行く。やがて眼前には中央稜そして奥壁が大きく拡がる。我々がこれから登ろうとしている中央稜も第一岩壁、第二岩壁へとせり上がり、力強さを感じる。これから第一岩壁への急登が始まろうとする地点に天幕を設営する。16時50分。やがて陽は沈み、茅野の町の灯りが美しく広がる。本当に久しぶりの冬山での天幕生活。風もなく、我々だけの静かな夜。準備が大変だったが、こうしてやって来れば、それを上回る嬉びがある。

 夜は八ケ岳ではめずらしい位暖かく、不気味な感じさえする。おかげで少し寝坊してしまい、5時半に起床する。7時15分にテントサイトを発つ。朝の雪稜は雪がしまっていて気持ちが良い。アイゼンをきかせて、ぐんぐん高度をかせいで行く。眼前には広河原沢の奥壁が、南には南稜をへだてて権現岳の頂稜が指呼できる。朝の陽が南稜方面から登り、雪稜を照らしてゆく。そして背後には中央アルプスや北アルプスの白い山波が延べ連なっている。一時間ほどで第一岩壁に到着する。第一岩壁は右側を、第二岩壁は左側の岩壁基部をトラバースして行く。上田、梅溪両君の刻んでくれたステップを慎重にたどってゆく。第二岩壁を抜ける最後の出口の雪の斜面は滑り易い。アイゼンのツアッケに力を込め、心の中で滑らないようにと祈りをこめて、ここを突破する。ここからは展望は大きくひらけ、大きな空間に躍り出て、気分はさわやかだ。ピッケルとアイゼンの小気味良い雪稜登高がしばらく続く。至高のひとときが静かに流れてゆく。
 もうこれからは、たいした事もなく気楽に頂上に抜けられると思っていたら、そうではなく、摩利支天への岩稜が我々の行手に立ちはだかる。広河原沢の左俣へと急角度で切れ落ちる岩稜のトラバースは気持ちの良いものではない。梅溪君がザイルを出そうかという。けれどもザイルをフィックスできるような適当なリスもない。とにかく自分を信じて、細いスタンスにアイゼンを置いて、慎重に進んで行く。最後に段差のある岩を力いっぱい登り切ると悪場は終わる。そして阿弥陀のピークの背後の硫黄岳、横岳、赤岳へと続く頂稜が大きく目の中に飛び込んでくる。11時25分。2806m。阿弥陀の高みに立つ。感激の握手!
 頂上で30分ほど休み、行者小屋へ下り、コーヒーを飲んでいると間もなく雪が降ってくる。もう少し早く雪となっていたら、中央稜上部の通過は難しかっただろうと思う。天候が崩れないうちに通過できた僕らは幸せだった。