ルックザックが落ちていく・3月の阿弥陀岳南稜


八ヶ岳・原村〜旭小屋〜立場山〜阿弥陀岳東肩〜中岳へのコル〜行者小屋〜美濃戸口

登山日 1998年3月20日〜3月22日
参加者 山野(CL)、富宇賀、高橋、大内(写真撮影)
コース・タイム
○3月21日(晴時々曇、夜は小雪)
茅野7:05(タクシー)-7:30原村の大内さん宅9:00-10:00舟山十字路-11:14旭小屋-14:00立場山-14:30青ナギ手前(幕営)
○3月22日(曇時々晴、一時雪)
幕営地7:08-7:58無名峰8:10-8:55P3基部-10:25P3上部-11:20阿弥陀岳東肩11:50-12:20中岳へのコル-12:45行者小屋-15:10美濃戸口-大内さん宅-茅野

 原村の三井の森には30cm位の雪が積もっている。1時間半ほど大内さんの家に立ち寄り、コーヒーをのんでくつろぐ。ヒガラが爽やかに囀る中、落葉松林の林道を登って行く。これから登る南稜が見え隠れし、登高意欲がわいてくる。1時間ほどで立場川の入口に着く。林道の奥から登山者が一人下ってくる。中央稜を登る予定で途中まで行ったが、雪が深く戻って来たとのことであった。南稜に登らないかと誘ったが、東京に帰ると行って去って行く。立場川は清冽な雪解け水をたたえて静かに流れて行く。昨年の秋に広河原沢を遡った時は水がほとんど涸れていたことを思い出す。岳は雪におおわれ真冬の装いをしているが、暖かな陽を受けていかにも春といった感じが漂っている。左岸の道をしばらく行くと旭小屋に着く。気温は10度と高い。小屋の上は急登であるが15分ばかりで南稜にでる。展望は大きくひろがり、南稜の上部が指呼できる。広河原沢は真白な雪で覆われている。北西には霧ヶ峰、その奥には北アルプスの峰々が浮かんでいる。天気が良く、汗ばんでくる。オオシラビソやツガの茂る道を快調な足どりで登高する。2時間ほどで立場山に着く。頂上付近は平坦であり、オオシラビソが茂っていて北八ツのような雰囲気が漂っている。ここから青ナギにかけては適当な幕場がたくさんある。シャベルを持ってこなかったので、ピッケルで整地し、4、5人用のゴアテックステントを設営する。気温は0度。ココアを飲んでくつろぐ。しばらくすると霧は切れ、眼前には立場川の奥壁が大きく迫ってくる。中央稜も2つの大きな岩壁を抱え、阿弥陀の高みへとせり上がっている。
 1987年の2月に中央稜を登った時に来年は南稜に登ろうという気持ちがわいた。 それから月日こそ12年経ったが、パートナーに恵まれてここにやってきた。そして今日は南稜から逆に中央稜を眺めている。夜半には小雪がちらつきカサカサと音を奏でる。

 朝は4時に起床する。雪はやみ晴れ上がっている。わずかの新雪ではあるが、樹々は美しく生まれ変わる。無名峰への登りは急であるが、景色があまりにも鮮やかで、疲れを感じさせない。南東には立場川蟇滝沢の雪渓の上に権現岳が悠然と聳え立つ。無名峰からの南稜は角度を北に変えていく。ここからは岩稜なので気を引き締める。P1とP2のコルに天幕を張っているパーティがいたが、風が強いと吹き飛ばされそうな感じの所だ。P3の基部までは難なくやってくる。今日の南稜には4パーティ登っており、先行パーティが登るまで待つ。霧がかかり、風も吹いてきて、気温も下がり始めたので、待つ時間が長く感じられる。P3のトラバースは念のため、アンザイレンする。核心部の第3ルンゼのガリーは滝が雪で埋まり、思いのほか楽に登ることができた。ところがここで一つの事件が起こる。おろしたルックザックの置き場が悪かったのか、それともルックザックに手が触れたのか、私のザックとカメラが雪渓を転げ落ちて行く。
気を落ち着けて阿弥陀への最後の岩稜を登って行く。途中一カ所アンザイレンする。11時20分、阿弥陀岳直下の縦走路にでる。いつの間にか風は弱まり、硫黄岳から権現岳にかけての頂稜が見渡せる。27年前の冬に1人であそこを縦走したんだなあと思うと深い感慨がある。南稜も前回は1人で寂しかったけれども、今回は4人で楽しく登ることができた。ルックザックは失っても、良き想い出はいつまでも消えることはない。下りは中岳のコルを目指して慎重に下る。コルからは雪崩に注意しながら行者小屋へと向かう。さらに雪の舞う中、柳川南沢沿いの道を美濃戸口へと下って行く。

 普段は写真をあまり撮らないのですけれども、今回は富宇賀さんから人物を中心に撮るようにと言われていたので、p3のトラバースやガリーの登り、オオシラビソの中の登りなど動いている写真をたくさん撮りました。しかし、すべての写真が谷底に流れて行ってしまった。登山の前日に買ったばかりのLowe alpine登攀用ルックザックや羽毛のシュラフ、カメラ、定期券、現金等々ルックザックごと彼方へと消えて行ってしまった。
 当初の計画では早朝に登り始め、1日で 行者小屋まで駆け抜ける予定だったが、入山4日前の天気予報が悪かったので、急遽テント泊に切り変えた。でも広河原沢の奥壁や南稜の上部それに権現岳の雪稜が指呼できる所に設営でき、結果的に良かったと思う。時間的にも余裕ができ、雪の岩稜やオオシラビソの森と心静かに融合することができた。P3の登りは雪の状態によって大分難易度に差があるようですが、今回は雪の状態が良く、以前11月に登った時よりも楽に登ることができた。風は比較的穏やかで、天気にも恵まれて、すばらしい雪と岩稜の登高ができた。