孤高の岩峰・大同心


八ヶ岳・美濃戸口〜赤岳鉱泉〜大同心稜〜横岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉

登山日 2000年3月4日〜5日
参加者 山野(L)、富宇賀、西川、高橋、大内
コース・タイム
○3月4日(雨時々みぞれ、夜遅く雪)
美濃戸口11:00-14:20赤岳鉱泉(幕営)
○3月5日(晴)
赤岳鉱泉6:30-11:45横岳直下の稜線-12:45硫黄岳-13:57赤岳鉱泉14:54-16:50美濃戸口

 わが家から駅へ行く途中、ジョギングをしている70才くらいの方に声をかけられる。「どこの山に登るの?」と聞かれ、八ヶ岳と答えると、「北?南?」と問う。「南の横岳・大同心の方へ」とこたえる。すると「岩場だね。気をつけてね」と言われる。「でも大同心の岩壁は登りませんよ」とは言わなかった。東久留米駅についたら、中央本線の切符を忘れてきたことに気づく。カミさんに駅まで届けてもらい、出発早々あわただしい。小淵沢でOさんと落ち合い、彼の車で美濃戸口へと向かう。今日は北と南の両方に低気圧がやってくる、いわゆる二つ玉低気圧のため全国的に荒れ模様の天気だ。ここのところ暖かい日が続き、今日も雨やみぞれで雪にならない。Oさんはアノラックを車に置き忘れてきたと言って、美濃戸から美濃戸口まで引き返す。「どうもご苦労さま」というしかない。はじめの内は林道歩きであるが、そのうちにシラビソの林の中を縫うようになり、心もおちつく。思いの外、登山者は少なく、我々もみんなマイペースで歩いているので、間隔はあき、一人一人が冬の静けさの中に溶け込んでいく。この柳川北沢は1970年の12月に歩いて以来だから、実に29年振りということになる。あの時は夜行列車の疲れで眠かったのを覚えている。ひとりで硫黄岳から権現岳へと縦走し、赤岳の石室の小屋に宿泊したが、客は私一人であった。
 安らぎに満ちたシラビソの森の小道にみんなが合流し、暖かい飲み物を飲み、ほんのちょっと歩いたら赤岳鉱泉についてしまった。10ばかりテントが張ってあり、我々もふわふわの雪を整地して、シラビソの森の中にテントを張る。積雪は約1.5m。N君が小屋でビールやお酒を買い込んでくる。外は相変わらず、みぞれのようだが、暖かい煮汁とお酒で身体は暖まる。トロトロといい気持ちになってうたた寝。10時くらいから雪になったらしく、チリチリと音がする。

 朝テントを飛び出すと良い天気。目指す大同心が目前に迫っている。ああこれで今日の大同心はぼくらのもの。心はうきうきと弾む。樹々は新雪でお化粧され、処女雪に足跡を刻んでいく。大同心ルンゼから急峻な雪壁を登って稜にでる。雪が深く、頻繁に交代しながらラッセルしていく。新雪を踏み分けていくのは気持ちがいい。こんなに楽しいラッセルは久し振りだ。ふんわりとした雪の森に溶け込んでしまうと、これから岩と雪の核心部がやってくるという緊張感がわいてこない。大同心稜はだんだんと角度を増す。南にはオオシラビソの梢越しに、芙蓉のごとき姿をした阿弥陀岳が凛然と聳え立つ。北稜と北西稜が顕著な浮き彫りを刻み、二つの稜は上部に岩壁を抱えている。雪の森に憩い、最後のラッセルを終えると大同心の基部にでる。肌寒く、手がかじかんでくる。正面壁は白色というよりも灰色に見え、所々ブルーアイスがおおっていて壮絶な感じがする。ここにやってくる前に、40年くらい前における東京雲稜会の積雪期初登攀の記録を読み返してきた。寒さにふるえ、埋め込みボルトを使い、二日間かかって完登している。我々はここで腹ごしらえをし、登攀用具で身をかためる。気持ちがシャンとなる。滑りやすい岩稜を慎重に登った後、大同心右のバンドをトラヴァースしていく。ミドルの3名はアッセンダーを使って登っていく。陽が差し込み、岩壁からの雪片が時々頬にあたる。小同心ルンゼを登るというパーティが後ろからやって来て、「ラッセルご苦労さま」と声をかけられ、うれしくなる。彼らは大同心ルンゼを横切り、小同心の基部へと向かっていく。我々はトラヴァースを終え、大同心ルンゼの詰めへと入っていく。アイゼンとピッケルが気持ちよく決まり、心は躍る。ボルトとハーケンが一本ずつ欲しいなあと思うところにあり、40mロープ、3ピッチで核心部を抜けでる。しばらく降りそそぐ陽を受け、ゆったりとした気持ちでくつろぐ。ここから横岳の稜線への道は新雪に輝き、神々しいまでの粧をしている。透明な空間の中を光がささやき、雪と岩は美しいハーモニーを奏でる。「横岳の深部に入り込んだのだなあ」「天気もいいし、もっとここにいたいなあ」とつぶやく。まだ安全地帯にきたわけではなく、最後の登りが待ちうけている。けれども、わが心はすでにたゆたいはじめている。35年前の元旦に兄たちと眼もあけられないほどの風雪の旋回する県界尾根を登りつめ、赤岳石室のコルにいた。その時、大同心ルンゼで三人が表層雪崩に遭い、そのうちの一人が死亡したとのニュースが流れていた。その時、大同心ルンゼは近くではあるが、まるで別世界のできごとのように思っていた。そんなことを思い出しながら、今ここにいる自分が不思議な気がしないでもなかった。最後に雪のつまった岩にアイゼンの爪をきしませ200mほど登ると稜線にでた。みんな嬉びでいっぱいだ。静かに握手を交わし、写真をパチパチと撮る。すぐそこに横岳の頂が聳えているが、登ることもなく、満ち足りた気持ちで、硫黄岳へと向かっていく。開放感から急に疲れがでてきた感じ。歩みはノロノロ。一人一人の間隔があいていく。硫黄岳から赤岳鉱泉への道はきれいにラッセルされた純白の道。雪を被ったシラビソがわが心をやさしく包みこむ。滑り台と化した道をシリセードで遊びながら、猛スピードで下っていく。
 ぼくはすっかり童心にかえっていた。


     

      阿弥陀岳              大同心                小同心

    

   大同心稜・核心部

                        大同心ルンゼ源頭

   

                                   横岳稜線
              写真撮影:大内さん等                      トップページ