冬の編笠山から権現岳


八ヶ岳・観音平〜編笠山〜西ギボシ〜権現岳〜旭岳〜ツルネ〜ツルネ東稜下降〜出合小屋〜美ノ森

登山日 1999年12月27日〜12月29日
参加者 大内、山野
コース・タイム
○12月27日(晴)
中央線・相模湖駅21:30-23:30八ヶ岳横断道・観音平入り口(標高1200m)
○12月28日(晴)
八ヶ岳横断道・観音平入り口7:55-9:25観音平9:40-10:40雲海-11:33押手川11:50-13:40編笠山14:05-14:32青年小屋-15:00狼火場(ノロシバ)手前の森林限界(幕営)
○12月29日(曇)
幕営地8:25-9:20ギボシ-9:32権現小屋9:42-9:55権現岳10:18-10:50旭岳-11:30ツルネ11:48-ツルネ東稜を下降-13:30出合小屋14:10-14:50林道、車止め-15:50美ノ森駐車場16:00-タクシーで車のデポ地へ16:20

 大内さんが12月に八ヶ岳へ入るというので、私も同伴させてもらうことになる。ルートとして、編笠山から権現岳、阿弥陀岳北稜、赤岳天狗尾根の三案が持ち上がった。最終的には12月12日の日和田山での岩登り技術訓練の帰路、編笠山から権現岳のコースに行くことに決まった。相模湖駅で大内さんと落ち合い、バッハのソナタをBGMに中央高速道路を小淵沢ICへと向かっていく。2時間ほどで八ヶ岳横断道・観音平入り口につく。観音平への道は通行止になっており、今日のねぐらはここにする。ワインを飲んで寝るが、ちょっと寒く、浅い眠りのうちに朝を迎える。

 ギボシから権現岳にかけての頂稜は雪化粧しているものの雪は少ない。車道を1時間半ほど歩くと観音平につく。甲斐駒、仙丈それに富士山の眺めが素晴らしい。雲海と呼ばれる雲海の美しく眺められるあたりから雪道となる。とは言っても空はこよなく碧く、まるで小春日和のような暖かさ。冬の日溜まり山行といった感じだ。
押手川からはコメツガの原生林の中を縫っていく。時折ヒガラが飛び交うものの、すれちがう登山者とてなく、静かな我々だけの世界にひたれる。編笠の頂にたてば、360度の雪山の世界が拡がる。これから向かうギボシの岩壁は壮絶な感じでそそり立っている。ここからは雪が少し多くなり、冬山らしい雰囲気となってくる。大岩を踏み再び樹林帯へと入っていく。ギボシ直下の森林限界にカマボコ型テントを張る。冬の夜は長い。風がヒューヒューと唸っている。

 天気予報通り、朝の天気はパッとしない。今朝二度目のラーメンで暖まると気持ち良くウトウトしてくる。おかげで寝過ごしてしまい、8時25分に出発する。雲はどんどん消えていき、ノロシバ、ギボシと素晴らしい雪と岩稜の登高がつづく。ノロシバ沢が大きな切れ込みでせり上がっている。立場川をめぐる阿弥陀岳、赤岳、権現岳へと続く大きな頂稜の連なりが私達を大きく包みこむ。雪こそ少ないが、冬山らしい迫力に心は躍る。二人がようやく立てるほどの狭い権現岳の頂で静かに握手を交わす。予定では、ここからは三ツ頭に下る予定であったが、大内さんの提案でツルネ東稜を下るコースに変更する。旭岳にかけての稜線は西に蟇滝沢、東に権現沢が切れ込む岩と雪の快適な道だ。でもアイゼンの爪をズボンに引っかけると奈落の底なので、注意しないといけない。旭岳の東稜には一パーティがアンザイレンして岩稜を攀じ登っている。登攀者の交わすコールが良く透る。急峻な岩稜で上部は胸壁となっている。「一度登ってみたいなあ」という気持ちと、「難しくて無理だろうなあ」という気持ちが複雑に交錯する。ツルネのてっぺんでゆったりとくつろぐ。アカゲラが舞い、樹にとまっている。ここは標高2550m位だから、ずいぶん上まで舞い上がってきたものである。阿弥陀岳は雪が少ないせいか、広河原沢本谷から第二ルンゼへの雪渓がとても目立つ。私がザックを落とした第三ルンゼは雪が少ない。広河原沢は中央稜、南稜、左俣と登っているので眺めていても親しみがわいてくる。いつの間にか、大内さんの眼は広河原沢から権現沢へと移っている。彼がこちらにルートを変更したいと言った気持ちが今では痛いほど良く分かる。彼は若い頃に権現沢を集中的に登っている。彼を青春の渦の中へと引き込んでいくのだろう。上ノ権現沢、権現沢の右俣ナメ滝ルンゼ・三ツ滝ルンゼそれにバットレスに向かう正面ルンゼをひとつひとつ説明してくれる。彼は権現沢を眺めていると感慨深い気持ちになると言う。60度以上の傾斜のスラブが延々と続く正面ルンゼこそが彼に残された権現沢の"遙かなる道"だと思う。私は同じ地獄谷の本谷や赤岳沢には入渓しているが、権現沢には一度も踏み入れたことがない。ただ独標登高会の記録を度々読んでいるので、頭の中では何度も遡行している。二人にとって八ヶ岳は回想の山であるとともに、これからも想い出を積み重ねていく山なのだと思う。
 ツルネ東稜は樹林帯を縫う急峻な道だ。たとえトレールがなくとも要所要所に赤布があるので、それさえ注意すれば迷うことはないであろう。急なので、登りには使いたくない道である。東面なので、南面の編笠山の登りに比べると雪が多かった。

   

   

   
 
   

         権現岳を望む                       西ギボシを望む