八ケ岳・立場川・広河原沢左俣から阿弥陀岳


八ヶ岳の沢・原村〜広河原沢左俣遡行〜阿弥陀岳〜御小屋尾根〜原村
 
登山日 1997年9月13日
参加者  大内、山野
天候  晴ときどき曇一時雨
コース・タイム
原村・大内さんの山荘5:55-車で御小屋尾根登山口6:05-6:40林道終点-6:50広河原沢・二俣-左俣に入る-7:18最初の滝-8:20、30メートルの大ナメ滝(F4) 8:45-15メートル直瀑(F9)-9:35チョック・ストーン滝(F10、昼食)10:15-11:15、20メートルのナメ滝(F15)-11:35二俣11:45-11:50奥の二俣-12:00遡行終了-12:25御小屋尾根12:30-13:00阿弥陀岳13:20-14:30御小屋山-14:50美濃戸分岐-15:40御小屋登山口-15:50大内さんの山荘

 当初の予定では、9月14日〜15日にかけて、野呂川白井(シレイ)沢から観音岳へ行く計画であった。ところが2日間とも雨が降る可能性が強まったため、11日に広河原沢へ行き先を変更した。というのは大内さんの家が阿弥陀岳山麓の原村、三井の森にあり、天気予報では13日は晴れそうだとの情報を得たからであった。 広河原沢左俣に関しては、1961年の山と渓谷社発行の「アルパインガイド・八ケ岳」と独標登高会「八ヶ岳研究」の記録が手許にある。しかし、実際に入溪してみなければ、遡行の難しさは分からないというのが、正直な気持ちであった。前日の夜に大内さんの家に入る。彼は置いてあるはずの新しいザイルとハーケンが見つからないという。どうも東京に持っていってしまったらしい。そんなわけで、ちょっと心細いが、持ちあわせの9ミリ・ザイルと私が持ってきた3枚のハーケンと大内さんの1枚のアイスハーケンで何とか登ろう。残置のハーケンがあったら抜いていこうと話し合う。彼の自家製の果実酒で話ははずみ、酔って気分も高まってくる。彼とは山の他に古楽器による音楽という共通の趣味を持っている。そして彼はヴィオラ・ダ・ガンバを自分で作製するという器用さをもっている。ウトウトしたり、眼をさましたり、漂流しているような感じになる。夢の中で、広河原沢の難しい滝を登ってしまう。大内さんは「転落した夢でなくて良かったね」と笑う。
 朝起きると予報通り、晴れている。庭の白樺がすがすがしい。御小屋尾根登山口で車を乗り捨て、しばらくは広河原沢沿いの林道を歩って行く。からまつ林ではヒガラやメボソムシクイが囀り、ウグイスが地鳴きを繰り返す。路傍にはマツムシ草やトリカブトが咲いている。前方には南稜の鋭い岩稜が指呼できる。広河原沢は水量が少なく、二俣にはケルンが積んであるものの、左俣は伏流となっており、ここが本当に左俣なのかしらといった感じである。しばらくして水が現れ、ヤレヤレと胸をなでおろす。最初の小さな滝は登れず、右岸を小さく捲く。しばらくはナメ滝をヒタヒタと快適に登っていく。覆いかぶさるような巨岩の間を通り抜けると、30メートルの大ナメ滝に出会う。悪そうである。大内さんがハーケンを2本打って、バランス良く落口にでる。ハーケンが少ないので、すべて回収していかなければならない。良く効いていてなかなか抜けない。抜いてしまうとホールドは乏しく、足もとは滑りやすい。この上は両岸はせばまり、ゴルジュ状となる。3つほど滝を登っていくと、15メートル位の直瀑が行く手を遮る。かなり悪そうな滝である。回りを見渡すが両岸は切り立っており、直登する以外は上へ行けそうにない。大内さんのリードで左より取り付く。残置の1本に2本のハーケンを打ち足し、途中で右へトラバースし、瀑心近くを直上する。次は私の番。トラバースして上へ回りこむところは、足場はツルツルし、ハーケンを抜いてしまうと、身体は外に放り出されるような感じになる。トップはよく登ったなあと感心する。次のチョック・ストーン滝を越えた所で、昼食休憩とする。一息ついて心は安らぐ。青空がひろがり、気分は上々だ。
 昨夏の実川硫黄沢、今夏の宝川ナルミズ沢は美しい渓をかみしめながら、遡っていくという感じであったが、広河原沢左俣は次から次へと滝を攀じ登っていくという感じが強い。この先はどのように展開するのか、見当がつかない。でも、それが沢登りの魅力のひとつでもある。12メートルの苔でツルツルした滝は右を小さく捲き、つぎのチョック・ストーン滝は右クラックを登る。三段の滝は一番上の滝の一歩が悪く、ザイルを出して越える。相変わらず両岸は岨立ち、20メートルの傾斜のあるナメ滝が現れる。逆層で手がかりもなく、かなり悪そうである。大内さんは登ろうと試みる。しかし、そのうち難しいと言ってあきらめる。ボクはほっとする。左岸より大きく高捲くものの悪い。最後はザイルを出して下降する。やがて沢は源流の様相を示し、二俣でしばしくつろぐ。左俣に入り、しばらく行くとまた二俣となる。右俣は外びらきの10メートル位のチムニー状の滝がかかっている。山渓の記録では、強引に突張って登ると書いてある。しかしツルツルでスベリ台のような感じ。相当に手足が長くないと突張っれそうにない。難しくて突破できず、左俣のルンゼから登る。登りきったところで遡行は終わり、しばらくは緑の美しい岳樺とハイマツの中を沢に沿って進んで行く。所々にミネウスユキソウが咲いている。最後の滝を見届け、御小屋尾根に出る。二人とも長い間暖めていた渓だけによろこびが心を満たす。摩利支天の岩峰に立てば、以前登った中央稜や南稜が指呼できる。13時阿弥陀岳の高みに立つ。 霧がたちこめている。
 小雨の中、御小屋尾根を下る。岩稜ではイワヒバリにめぐり会う。御小屋山あたりまでは急坂である。山を越えると道はだんだん緩やかになってくる。いつのまにか晴れ上がり、権現岳の頂稜もくっきりと浮かんでくる。メボソがこだまするコメツガの原生林の中を縫い、マツムシ草が何度も何度も会釈する。左手に西岳が大きく見えるようになると登山口は近い。風呂で汗を流し、果実酒を飲む。うまくて気持ちよい。ウトウトし、いつものようにバタン、キューとなる。
 明くる日の昼過ぎに原村を、そして富士見を後にする。八ヶ岳や南アルプスの山々は雲におおわれ、やがて小雨が降りはじめる。

                              写真の続きはこちら