転がりながら下降した北八ツ・双子池
ピラタス〜坪庭〜北横岳〜大岳〜双子池〜大河原峠〜双子山〜大河原峠〜亀甲池との分岐〜竜源橋〜親湯

登山日 1977年2月11日〜2月12日
参加者 江間(CL)、山野、内藤、川口、折笠
コース・タイム
 ○2月11日 
茅野6:05-6:45ピラタス9:00-9:07坪庭9:55-11:20稜線-11:30北横岳ヒュッテ-12:25北横岳(昼食)13:00-14:45大岳-16:42双子池ヒュッテ
 ○2月12日 
双子池ヒュッテ6:45-9:20大河原山荘-10:30大河原峠10:45-11:38双子山11:53-12:15大河原峠12:35-14:10亀甲池との分岐-15:55竜源橋-17:40親湯

2月11日(晴)
 雲一つない青々とした快晴。初心者が多くワカンの装着に時間がかかり、出発が大幅に遅れる。昨日降った大雪で樹林は一層美しく映える。ラッセルは膝から腰程度であり、頻繁にトップを交替させながらラッセルして行く。主稜線に出てからは、当初の予定の三ツ岳往復は時間の都合上あきらめ、北横岳へと向かう。今日の本州は全国的に天気が良いらしく、北アルプスまで良く見渡せる。北横岳から先は10年ほど前の秋に歩いたきりなので、細かいルートの記憶がない。ルートを少しはずれているらしくとてもよくもぐる。大岳からは双子池ヒュッテが間近に良く見える。しかし、双子池へ下る道が分からず右へ右へとルートをとっているうちに、正規の道から大分外れてしまったらしい。はじめのうちはシリセードなどして楽しんでいたものの、そのうち胸から首までもぐるようになったから大変。歩くのも面倒で時々転がりながら下降する。ややラッセルが浅くなる頃、バス道路に出合いほっとする。大河原峠へと向かい、途中左に折れるとじきに双子池ヒュッテに着く。

2月12日(晴)
 無積期のルートを知らないのは冬の北八ツでははなはだ困ることが多い。双子山への道が分からず、やむを得なくバス道路を大河原峠へと向かう。ラッセルで歩みはのろい。でも北ア、妙高、戸隠連峰、西上州の山々が青空にくっきりと見渡せとてもすがすがしい。大河原峠からは当初は蓼科山登山を予定していたが、時間的にとても無理なので双子山をピストン登山した後、親湯へと向かう。今年は雪が多く、ここでも良くもぐる。途中で持病の腕のシビレを起こして気分を悪くし、吐いてしまう。風邪をおしてやって来たのがやはり無理だったのだろうか。疲労すると持病がでるのも辛いが、パーティに迷惑をかけてしまったことがとても辛い。1時間半程、空身で歩いているうちに気分はすっかり良くなる。振り返れば夕べの空に八ヶ岳連峰の白い連なりがくっきりと見渡せる。陽がすっかり沈む頃、親湯に着く。


   **************************

山の子のうた

うたごえが あの小道に ひびけば
あの森かげ あの谷間 山にこのうた
山の子は 山の子は 歌がすきだよ

雨が降り てるてる坊主が 泣いても
わたしたちは 泣かないで 山をみつめる
山の子は 山の子は みんな強いよ

雲が去り 青いみ空が 見られりゃ
うたいましょう 山鳩の 兄といもうと
山の子は 山の子は みんな仲よし

坂下茂己 詞曲