はじめての冬の八ケ岳・権現岳そして赤岳へ


甲斐大泉〜三ツ頭と権現岳のコル〜甲斐大泉〜清里〜野辺山〜県界尾根〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳〜八ヶ岳農場

登山日 1964年12月26日〜1965年1月3日
参加者 (権現岳)山野Y、大久保 
     (横岳〜阿弥陀岳)山野T、市倉、小森、山野Y

 山へ登り始めた頃、私は八ケ岳へ良く通った。それは東京から近く、それでいて山が大きかったことである。野辺山あたりから見る八ケ岳の広々とした裾野とその上に広がる山の起伏は私を魅了した。それと同時に小海線の車窓からの落葉松林の眺めがとても好きで、度々小海線に揺られて行った。また山口耀久氏の「北八ツ彷徨」を読んでからは、冬の北八ツにひかれ、野兎を追いながら雪の中を散策した。雪を被った北八ツの原生林帯は北欧的詩情を持った透明な雪の世界であった。しかし、めちゃくちゃな伐採と度を越した観光道路や施設の建設で、根こそぎに自然が奪われてしまったことは残念でならない。
はじめての冬の八ケ岳。山へ行くことさえやっとだった私が冬の八ケ岳へ行ける----- それは私にとって大きな歓びであり、今想うとすがすがしく新鮮な気持ちであった。朝 6時半甲斐大泉の駅に降り立つ。空を見上げれば、どんよりとしており、山はベールに包まれている。 2日前に降った雨は山でも雪とはならなっかったらしく、天女山の少し上までほとんど雪はない。濃い霧の中を重荷を背に黙々と歩く。天女山のあたりで甲斐駒の雄姿を一瞬見ることができたが、視界は極度に悪い。樹々はまばらで淋しげであり、霧氷が冷たく包んでいる。10時に1900m地点に着き、時間的に早いが、このあたりの樹林帯にベース・キャンプを定める。そして2000m付近まで登り、1週間前に大久保君がデポした食糧等の荷を取りに行く。今思うとおかしい話だけれど、冬山初心者同志の僕らはデポまでするほど気を使っていた。戻って来て11時半頃から幕営の準備にとりかかる。雪が少ないために地ならしにかなりの時間がかかってしまう。空は相変わらずどんよりとしており、今にも降り出しそうな天気である。冬だというのに気温はきわめて高く無気味である。夜は明日に備えて早めにシュラフにもぐる。

 寒さに震えながら、 4時に起床する。雑煮で腹ごしらえをしてから、ベース・キャンプを発つ。まもなく小雪がちらつき始め、1200m付近より雪も多くなり冬山らしくなってくる。誰もいない静かな森の中を歩き、急な道を登りつめると雪の台地である前三ツ頭に着く。雪はだんだん激しくなり。視界も極度に悪くなる。しばらく樹林の中を歩くと三ツ頭着く。権現岳に登りたい一心で三ツ頭と権現岳のコルまで辿り着く。もう少しで頂上なので、さらに登りたかったが、風雪はだんだん激しくなってくる。悲しいかな二人とも冬山の初心者である。登頂を断念し山を下る。
 夜になっても雪はやまず、深々と降り続ける。天気予報によれば、太平洋岸の南に寒冷前線が、北海道から日本海にかけて停滞前線があるので、ここ2、3日はあまり良くないとのことである。大久保君はいてもラッセルが大変になるだけだから明日帰ろうという。私は食糧も沢山あるし、そのうち晴れるだろうから、もう少しここにいようと主張する。結局、彼の言うように明日下山することに決める。

 朝はのんびりと 8時に起床する。雪は依然と降り続いており、あたりはふんわりとした雪で真っ白におおわれている。私たちだけの静かで透明な冬山の世界に心もなごむ。腹ごしらえをし、雪の小降りとなった昼過ぎ山を下り始める。生まれてはじめてのワカンをつけ新雪を分けて行く。前方には雪を被った奥秩父の嶺々がくっきりと見える。しかしそれも束の間であり、視界はみるみる悪くなる。細かい雪の舞う中を慣れないワカンにとまどいながら下って行く。午後 4時頃甲斐大泉駅に着く。明日は飯盛山へでも行こうと思い、その足で清里へ行く。駅での寝泊を駅員に頼んだところ断わられ、近くのバンガローに泊る。ここは天幕の中よりも寒い。

 朝起きるとすばらしい天気である。下山したことを大いにくやしがる。眼前には雪化粧した八ケ岳連峰が朝陽にきらきらと輝き、南アルプス連峰は大きく聳えたち、名峰富士もくっきりとのぞまれる。虚脱感からか、なんとなく身体がだるい。飯盛山へ行くのはとりやめ、あたりを散策する。昼過ぎに大久保君は帰京する。私は大晦日の日にロッテ山の会の人達と県界尾根から赤岳へ登るためここに留まる。

 翌朝、野辺山より軽い荷を背負って、一人のんびりと県界尾根の偵察と荷上げにでかける。野辺山高原からの眺めは実にすばらしい。前方には赤岳や横岳がまばゆく聳立し、左手には南アルプス連峰が、後方には男山、天狗山の奇峰や奥秩父連峰がくっきりとのぞまれる。農家のサイロが散見され、なんとなく牧歌的な感じがする。やがて楢林となり、赤岳、横岳ルートの分岐点である「赤横分去り」に着く。静かな落葉松林の中をしばらく行くと、防火線とよばれるツツジの群落帯に入る。やがて両側はせばまり、ふたたび落葉松の中を登って行くと1807 m防火線の頭に着く。ここから30分ほど歩いた地点に少々の荷をデポし、早々に下山する。
 今日も八ケ岳連峰は夕陽に赤々と染まる。心は安まり至高のひとときが静かに流れてゆく。今夜は野辺山駅の待合室に寝かせてもらう。山からの吹きおろしの風はさすがに冷たい。しかし駅の職員がストーブをたいてくれたので安らかに眠ることができた。
 
 
ロッテ山の会と合流

 兄の所属するロッテ山の会の三人と野辺山駅で合流し、朝食を済ませた後、元気に赤岳めざして出発する。暖かい陽射しの中を昨日と同様にゆっくりと登って行く。それでも、思ったよりも早く3時間ちょっとの登高で防火線の頭に着く。
 しかし、これからが県界尾根の本番だ。暗い樹林帯の急登がしばらく続く。荷が少々軽いせいか、まったく疲れず快調な登高だ。兄らは夜行列車の疲れで少々苦しそうである。みかんを一箱持って来たので、時々頬張る。やがて小天狗に着き、しばらくゆるやかな道を進むと山火事跡に着く。適当な台地があったので、ここに幕営する。山火事跡なので見晴らしはすこぶる良い。正面には大天狗の上に秀峰赤岳がひときわ高く聳えている。さらに大門沢をへだてて真教寺尾根の牛首山が間近かにのぞまれ、その向こうには天狗尾根のゴツゴツとした岩峰が迫り、南へと権現の岩尾根が続いている。美味しい年越しそばを食べ、みんな疲れていたため早めにシュラフにもぐる。夜空には零れんばかりの星が煌めいている。

正月を八ケ岳の稜線で迎える

 "明けましておめでとう"の声とともに 4時に起床する。樹々はうっすらと雪化粧し、小雪が静かに舞っている。しかし、出発の頃には雪も止み、すばらしい登山日和となる。清里口登山道を過ぎると、大天狗までは針葉樹林帯の中の急峻な登りである。重い荷を背に呼吸を整えながら、歯を食いしばって登って行く。大天狗のあたりから岳樺があらわれ、視界はひらけ、遥か下には千曲川のうねりに沿って、佐久の高原が大きく拡がっている。11時頃、鎖場に着く。重荷のため取り付けの鎖は使えず、ザイルを固定してここを通過する。ここでもたついているうちに、天気は急激に悪化しはじめ、視界は極度に悪くなる。ここから上部は完全な吹き溜まり地帯であり、雪が深い。石室へのトラヴァース・ルートでは、眼もあけられない猛烈な風雪となる。歩みは遅々として、全くのスロー・ペースとなる。12時45分、風雪の旋回する石室のコルに着く。今までとは別世界のように、西側からの登山者で賑わっている。戸を取り外して石室小屋に入り、その中に幕営する。
 稜線の西側は風雪が荒れ狂っているが、東側は晴れ上がり、山麓や奥秩父の嶺々が手にとるようにのぞまれる。夕方になって、風雪は嘘のように静まり、夕陽が雪嶺を明るく照らし出す。横岳は尖った岩塊をいくつも連ね、硫黄岳は夕陽の中で眩しく輝き、雲はあわただしく動いている。眼を西に転ずれば、阿弥陀岳はひときわ高くシルエットを描き、空は火事のように赤々と燃え上がっている。夜は特製の雑煮を腹いっぱい食べて眠りにつく。

 今日は風雪である。横岳から天狗岳へと縦走する予定であったが、悪天のため取りやめ、赤岳へのピストン登山にきりかえる。午後はのんびりとトランプを楽しむ。ラジオでは昨日の10時半頃、すぐ下の横岳大同心沢で三人が表層雪崩に遭い、一人が死亡したことを告げている。

 明くる日は4時に起床する。無風快晴である。横岳へ登る。岩稜帯の雪は強風で吹き飛ばされている。石室で小憩したのち、ふたたび赤岳へ登る。澄明な青空が拡がり気分は最高だ。2889mの雪の高みに立ちて、冬山とはこんなにも美しいものかと感嘆する。北アルプスの白き嶺々は屏風のように延べ連なっている。足許からはくねくねとした痩せ尾根が権現岳へと連なり、その向こうには南アルプスの雪嶺が鎮座している。赤岳に別れを告げ、阿弥陀岳にも登り、コルからはシリセードで一気に行者小屋へと下る。ここでアイゼンをはずし、横岳西壁の美しきプロフィルを背にしながら、柳川南沢を八ケ岳農場へと下って行く。
 **************************

凍てついた石室のコルに
なつかしい黄昏がやってくる
雪で覆われた硫黄岳の火口壁は
オットセイのおなかのように愛らしい
それに続く横岳の稜線は
尖った塔をいくつも抱えて連なる
コルを吹き抜ける風は
冷たく痛い
淡い雲の集団は
たくさんの影を連れて
あわただしく動いている
深い谿を隔てて流れる雲の上に
そっと佇む阿弥陀岳の頂は
純白の雪の肌に
黒い孤独の影を映している
颯爽と聳え立つ主峯赤岳は
芙蓉の如き姿して
その清冽な頬を
薔薇色に染めている
淡い雲の透間より落つる陽の光は
冬の冷たい空気に交ざりあって
だんだんと遠ざかっていく
微かな残照を抱いて
屹立する雪の嶺々は
シルエットのように浮かぶ
コルを吹き抜ける風は
冷たく痛い
星降る石室のコルに
独り佇む
感覚のなくなるような寒さが
不可思議な
幻燈の世界へと誘う
私はいつしか
淡く色彩られた
ボヘミヤの野と草原の
幻想の中を彷徨っている
明るい月光の中で
白魔の妖精達が
愉快に踊っている
やがて渺茫たる見知らぬところへ
消えていく