2日間雪の中を迷う・まぼろしの岩地


渋ノ湯〜高見石〜麦草ヒュッテ〜東天狗岳〜麦草ヒュッテ〜渋ノ湯

登山日 1965年3月1日〜7日
参加者  単独
コース・タイム
○3月1日(晴)
  茅野-9:00渋ノ湯-11:00高見石・丸山分岐点 -15:00麦草ヒュッテ

○3月2日(晴)
  麦草ヒュッテ7:30-8:20白駒池-9:00高見石 -11:40東天狗岳-12:55黒百合ヒュッテ-14:05高見石14:20-15:00麦草ヒュッテ

○3月3日(晴)
  麦草峠にてスキー

○3月4日(風雪)
  停滞

○3月5日(晴のち雪)
  麦草ヒュッテ6:00-7:50?沢-9:00麦草ヒュッテ12:00-岩地の下(ビヴァーク)

○3月6日 雪のち曇
  ビヴァーク地-?-麦草ヒュッテ

○3月7日(晴のち曇)
  麦草ヒュッテ6:15-7:45 5日のビヴァーク地点-9:20丸山の河原の夏道ルート-
  10:10冷山中腹伐採跡-12:45渋ノ湯

 私にとって初めての北八ツである。今は佐久と諏訪を結ぶ横断バスが開通しているが、当時は登山者も少なく、とても静かであった。北八ツの雪の森にひかれて独りで入山した。森の中を彷徨い、未熟と初歩的なミスが原因で道に迷い、帰りが 2日も遅れるというアクシデントを起こしてしまった。辛い思いをしたが、私をさらに山へと誘っていった懐かしい青春の憶い出である。
 2ヶ月ほど前の正月に来た時は新宿の雑踏の中にいるようであった茅野の駅も、今は数人の登山者がいるのみでひっそりとしている。暖かい蕎麦を啜ったのち、バスに乗り込む。土地の人2、3人と高島屋山岳部の人4、5人だけであり、割合空いている。車窓には白雪の蓼科山、霧が峰そして北八ツの伸びやかな嶺々が大きく拡がっている。後ろに目を転ずれば、南アルプスや中央アルプスものぞまれ、雪の田園風景は何んとも言えぬ良さを秘めている。バスはチェーンを付けて樹間を縫いながら高度を上げて行く。やがて山間の湯である渋の湯に着く。
 ここの湯のおばさんにつくって貰ったおにぎりをザックにつめて、渋川沿いの森の中をのんびりと歩いて行く。雪はきれいにラッセルされていたが、10貫弱の重荷のため多少苦しい。しばらく行くと賽ノ河原という累々たる巨岩の立ち並ぶ岩地(ゴツ)に出会う。ここからは中央アルプスが良く見える。高見石小屋少し手前の分岐点より麦草峠へと向う。道は倒木が多く狭い。スキー持参のためカニ這いになったり、木の下をくぐったりし、とても歩きにくい。距離はあまりないのに、峠へはなかなか着かない。分岐点からは何と夏の4倍の4時間もかかってしまう。峠のスロープでは2人の女性が楽しそうにスキーをしている。高見石から来たとのことで、2人ともとても美しい。峠からは茶臼山、縞枯山が手にとるようにのぞまれ、遠くには浅間山も浮かんでいる。夜になると小屋番の平野さんは下山してしまい、私一人のんびりと寝かせてもらう。
 今日もまた快晴である。今日の目指すピークは天狗岳である。朝のすがすがしい冷気につつまれ、深雪をかきわけて白駒池へと向う。白駒池は数々の伝説を秘めた夢のある池であるが、今はただ真白な雪原である。豊かな針葉樹林に囲まれ静まりかえっている。ここからほんの少し登ると高見石に着く。中山峠までの道はきれいにラッセルされていて歩きやすい。峠のあたりは真綿のような雪をかぶったシラビソの樹々が美しく林立する。ここからしばらく行くと東天狗岳の岩礫地に出る。足許に気をつけて頂に立つ。霧ケ峰、美が原、中ア、御岳、北アの雪の嶺々が美しく浮かんでいる。南に眼を転ずれば八ケ岳本峰が間近かにのぞまれる。本峰は雪が少なく春の訪れが感じられる。根石岳をへて硫黄岳へ行く予定であったが、時間的に遅くなったのでここから引き返すことにする。帰りは静かな冬景色を堪能しながら樹林の中を縫って行く。山小屋に戻ると平野さんはすでに帰ってきており、ストーヴの火が赤々と燃えている。 きのう降った雪は2、3 cmの積雪でやみ、今日もまた快晴である。今日は麦草峠のスロープでスキーをすることにする。生まれてはじめてのスキーなので、登り方も滑り方も停止もどうやって良いものかわからない。すべて我流で、登ったり滑ったりする。転んだり、樹林帯に突っ込んだりしながらスキーと戯れる。一緒に滑っている例の2人の女性は上手に滑っているので、少しきまりが悪くなってくる。
朝、飛び起きると外は風雪である。今日は山小屋のオヤジと2人きりで、ストーヴにあたりながら、終日山の本を読みふける。
 さあ今日は帰る日だ。浅間山が良く見える。下山する前に雨池に行ってみる。夏道を知らない上に、昨日降った雪でルートは皆目分からなくなってしまう。野兎の足跡に惑わされて、森の中を彷徨い歩く。目的の雨池へは行けず、佐久の高原を遠望して引き返す。しかし、北八ツの透明な雪と森の世界に溶け込み楽しいひとときを過ごす。
 渋ノ湯に下山すべく、長らくお世話になったこのヒュッテに別れを告げる。天気はこよなく良く、真昼の陽光が私を暖かく包む。当初は高見石をへて渋ノ湯へ降る予定であったが、北八ツの良く見える冷山経由の道を下山することにする。夏道を知らなかったので多少の不安はあったが、元気に小屋をあとにする。
 麦草峠からしばらく行くと大きな伐採跡にでる。ここは右へカーブすべきであるのにナタメにつられて真直ぐに進んで行ってしまう。このあたりは雪が非常に深く胸までもぐるラッセルである。重荷のラッセルは苦しい。500m行くのに2時間ほどかかってしまう。このあたりからは蓼科山がとても良く見える。でも気のせいか寂しげである。
 しばらくして岩地にでる。ここも横断すべきなのに何を錯覚したのか、周りの景色があまりにも賽の河原の岩地に似ていたために、無意識のうちに河原に沿って下って行ってしまう。ちょっと考えれば、冷山道から賽の河原に出るはずがない。ただ周りの景色があまりにも似ていたために惑わされ、おかしいと首をかしげながら歩きにくい岩地の中を下って行ってしまう。やがて深い森の中のもの凄いラッセルとなり、道を間違えたことがはっきりとしてくる。いま想えば、道を間違える時は何度となく錯覚を起していることがわかる。あたりはすでに真暗なので、ツエルト・ビヴァークすることに決める。懐中電灯を取り出したが、運の悪いことに電球が切れてしまい、点灯しない。その上小雪が降り始め、身体はガタガタと震えてくる。食糧を調べると、フランスパン2個とチョコレート1枚とピーナッツが少々である。昼から何も食べていないのでチョコレートとフランスパンを食べる。しかし食欲はなく、水気のないフランスパンはどうしても喉を通ってくれない。何をするのも面倒になってしまい、寝ることにする。へんてこな夢ばかり何度も見てしまう。
 長い寒い夜は明けた。ルートの間違いがはっきりしているのだから、引き返すべきなのにに、ここをさらに下れば渋ノ湯に出られるかもしれないという甘い幻想のもとに山を下り、傷跡をさらに深くしてしまう。結局、確信できる道は見つからず、辿った道を腰までのラッセルと空腹に耐えながら、引き返して行く。疲れが激しくなったので、途中でキスリングとスキーを置き去りにし、麦草ヒュッテへと向う。
疲労と空腹と焦りは記憶すら曖昧なものとさせ、つぎは戻る道さえも分からなくなってしまう。ルートを探し回っているうちに夕闇が刻々と迫ってくる。一時は今日もビヴァークしようと考え、ビヴァーク・サイトをつくったが、ツエルトもシュラフもなくとても寒い。ビヴァークする気になれなかったので、必死になってルートを探す。
 やっとルートを見つけた時は言葉で言い表すことのできない大きな歓びであった。麦草ヒュッテの平野さんは見覚えのある私が疲れた様子で戻って来たので、とても驚いた様子だ。今日はもう遅いし疲れているので、平野さんの厚意で、一晩ここに泊めてもらうことにする。ああ暖い布団のなんと心地良いことよ。
 2日も帰りが遅れてしまい、家族が心配しているので朝は早く起る。疲労のため食欲は全くない。今日は平野さんと一緒にヒュッテを発つ。キスリングとスキーを置き残した地点まで行き、今度はこの重荷を背負って急な岩地を登り、夏道に出あう。ここで平野さんと別れ、冷山歩道を下って行く。ラッセルが深いだけでなく、時々薮に足が入って抜けなくなってしまう。必死になって下り、昼過ぎに渋ノ湯に着く。電話をすると、家では大変心配していて、足でも折って雪の中で動けなくなったと思い、今晩帰らなかったら捜索に出かける準備をしていたとのことであった。私は深く反省し、今後の山行に生かして行こうと思った。
それから26年後の2月に会社の山岳部の仲間7人と再び麦草ヒュッテにやって来て、あまりにもデラックスになった山小屋の姿に少々戸惑ってしまう。もうワカンをはく人もなく、雨池への道もすっかり道標が整備されていてクロスカントリーで簡単に行けてしまった。シラビソの雪の森は美しかったけれども、なんとなく昔と違うような気がした。

             それから17年後の北八ツ・ニュウへの道 1982.2.7