北八ヶ岳・高見石から横岳縦走


登山日 1971年2月12日〜2月14日
参加者 山野(CL)、内田、上野
コース・タイム
 ○2月13日 
茅野7:25-8:50渋ノ湯9:05-11:25高見石11:55-12:15白駒池・白駒荘-青苔荘14:45-15:50麦草ヒュッテ
 ○2月14日 
麦草ヒュッテ6:45-8:00茶臼岳-8:25縞枯山8:50-9:15雨池峠9:55-10:13雨池山-12:00北横岳ヒュッテ(昼食)12:55-15:50亀甲池16:10-16:35夕陽ヶ丘-16:45天祥寺原17:00-18:00流源橋-18:40茅野

2月12日 曇のち雨
 23時55分発の最終列車で雨の降る新宿を発つ。台湾坊主がやって来たので、山はきっと雪だろう。

2月13日 雪のち曇のち晴
 茅野に着くと雪が降っている。北八ツは雪が降っている方が情緒があって良い。私は内心ひそかな歓びを感じる。バスはチェーンをつけてノロノロと山道を登って行く。1時間半ほどバスに揺られ、8時50分渋ノ湯に着く。
 渋ノ湯に着く頃に雪は止む。昨日から今日にかけての雪で樹々はうっすらと雪化粧しており、やさしい雰囲気があたりを包んでいる。新雪は20cm位であり、道はとても歩き易い。しばらく歩くとあたりは明るく開け、殺風景となる。やがてごつ岩地とハイマツの大斜面である賽ノ河原に着く。ここを通る度に6年前の3月、麦草峠の西の"岩地"で道に迷って雪の中でビヴァークした時のことを想い出す。賽ノ河原の岩地も麦草峠西の岩地も本当に良く似ているのである。岩地が終ると左に登山道があり、静かな樹林帯をしばらく歩くと高見石に着く。高見石を登り、密林の中に佇む白駒池を望見したのち、白駒池へ向って下って行く。氷結した池の上に雪がきれいに積っており、美しい雪原となっている。暖かいスープで昼食をとったのち、この雪原の上を歩きまわる。湖畔の青苔荘でうたたねしたのち麦草峠へと向う。
 途中、麦草峠を横断するバス道路に出てびっくりする。バス道路の両側には無惨に切り倒された樹々が荒々しく放り出されている。荒廃した姿を見よ!痛めつけられた樹々は悲痛な叫びをあげて冷たい雪の中に横たわっている。バス道路を横切り、山道の中へ入る。
 麦草ヒュッテが視界に入ってからのラッセルはひどく腰までもぐり、目前に見えるヒュッテになかなか着かない。峠では数人の人達がスキーを楽しんでいる。15時50分、麦草ヒュッテに着く。バスが開通したせいだろうか、昔と違って、今は近代的な三角形屋根の立派なヒュッテである。6年前の3月に山小屋のおやじと2人だけで5日間もここに泊った時のことが懐かしく想い出されてくる。
 今日の食当(上野君)は手がこんでいて、夕食は沢山の料理が食膳を賑わす。甘酒を飲みながら焼き魚を食べたりし、ゆっくりと時間をかけて夕食のひとときを過ごす。泊り客は私達を含めて5人であり、静かである。1時間ほどトランプ(上野君18番のドボン)をしたのち就寝する。快晴、気温はマイナス12度である。

2月14日 晴
 5時に起床。快晴、気温はマイナス14度である。
 オーバーシューズをはき、アイゼンもワカンもつけずにヒュッテを発つ。小屋の主人の話によると、数日前に来た人達は茶臼山の登高に4時間もかかったそうであるが、今日はきれいにラッセルされているので、ペースは快調そのものである。1時間半ほどで縞枯山に着く。天狗岳から権現岳にかけてのゴツゴツとした山の連なりが手にとるように見える。縞枯山はコメツガやシラビソが帯状になって何段も縞模様を描いて枯れており、いつ見ても自然の造形美に感心させられてしまう。縞枯山の急坂をあっという間に駆け降り、雨池峠に着く。左には縞枯山荘が見える。
 雨池峠からは雪が深くなり、北斜面は1.5m位積っている。雨池山と三ツ岳の間の東面は伐採がひどく、全く殺風景である。かつては黒木に囲まれて森の中にたたずんでいた雨池も、今は何となく寂しげで、情緒が失われている。だが雲海に浮ぶ浅間の雪嶺がかすかな笑みを持って私を慰めてくれる。やがて溶岩とハイマツで覆われた三ツ岳の登りとなる。幸いトレールがあるので道に迷わずに済んだが、トレールがなければ間違い易い所だろう。
 三ツ岳から先は、まさにプロムナード・コースである。道幅は狭く、雪を被ったタンネのトンネルの中を純白の雪を踏みしめながら歩いて行く。まるでクリスマス・ツリーの中を歩いて行くような感じである。幽寂とした森。澄んだ空気。吐息の一つ一つに清らかな生命の鼓動を感じる。
 無人の北横岳のヒュッテで昼食をとったのち横岳へ向かう。横岳からの眺めはすこぶる良い。空は青々と澄みわたっている。南へ眼を向ければ、八ヶ岳西面の雄大な姿が一望でき、北西へ眼を転ずれば、ご飯を丸く盛ったように蓼科山が真近く見え、その後方には雲海の上に北アルプスの白き峰々が屏風のように連なっている。
 横岳からは亀甲池へ向って下ることにする。夏道を知らない連中ばかりなのでルートを見つけるのに非常に苦労する。トレールが全くなく胸までのラッセルを強いられる。途中より正規の道を見失い、度々倒木の間に足を突っこんだりし、抜くのにえらく苦労する。時は容赦なく流れて行き、少々焦ってくる。大分下ったところでジグザグの正規の道を見つけホッとする。夏だったら40分で下れる道を2時間半もかかって、ようやく亀甲池に着く。天祥寺原に着く頃より、夕陽は沈んで暗くなり、右手には蓼科山がうらめしく横わっている。8月頃には紫のマツムシ草が美しく咲き乱れるというこの草原も、今は荒涼とした雪原であり、寒々としている。ここでオーバーシューズを抜ぐ。今日はオーバーシューズだけでとうとうここまで歩いてきてしまったのだ。ここからはジグザグ道を駆けるように下って行く。流源橋に着いた時はもう真暗だった。ここで小型トラックの荷台に乗せてもらい茅野まで連れて行ってもらう。寒くて寒くて仕様がない。家へ帰ったら喉を痛め、とうとう風邪をひいてしまった。