雪の重みに揺れるシラビソ・北八ツ・ニュウへの道


稲子湯〜白樺尾根〜白駒池・ニュウ分岐〜ニュウ〜中山峠〜黒百合平〜天狗岳〜根石岳〜夏沢峠〜硫黄岳〜夏沢峠〜本沢温泉〜稲子小屋

登山日 1975年12月27日〜12月28日
参加者 山野(CL)、川口、折笠
コース・タイム
 ○12月27日 
松原湖8:25-8:45稲子湯8:50-12:08白駒池・ニュウ分岐-12:25(昼食)13:30-14:00ニュウ-15:20中山峠-15:25黒百合平
 ○12月28日 
黒百合平6:35-8:00天狗岳-8:38根石岳-9:25夏沢峠10:25-11:00硫黄岳-11:37夏沢峠12:25-12:55本沢温泉-14:55稲子小屋-16:10松原湖-16:35松原湖駅

 北八ツの白樺尾根からニュウへの道。これはもう10数年も前から私の心を暖めていた山道であった。白樺、シラビソ、コメツガ、苔を連想する静かな道。なのに不思議なことに10数年もの月日が経ってしまった。私は真綿のような雪をかぶった北八ツがとても好きだったので、ニュウへはじめて行くときは冬にしようと前々から心に決めていた。幸い同行の友を得たので話は簡単にまとまった。気管支炎でしばらく山行から遠ざかっていたので、あまり身体に自信がなかったが、今度のルートは登り降りも緩やかだし、好きな北八ツへ行けば自信を取り戻せるような気がしてならなかった。当日になって、加藤君が風邪で急に行けなくなり、3人で東京を発った。

12月27日(晴のち曇のち雪)
 ディーゼル機関車は、懐かしい落葉松林をくぐりぬけ、新雪の敷きつめられた清里高原、野辺山高原をゆっくりと走って行く。この高原はいつ来ても広々として清々しい。松原湖を降りてから稲子湯まではタクシーで行き、9時少し前よりニュウへ向かって歩き始める。ドウダンツツジの群落を通り抜けるとじきに白樺林に入る。しかし、この白樺林も白樺尾根などという名前をつけるのは大げさに思えるほどあっけなく終わってしまう期待はずれの道だ。白樺湖へと向かっている自動車道を横切ると、森もだんだんと深まり雪の量も多くなってくる。
 ニュウへの急登のはじまる手前で昼食のラーメンをすすり、小雪のちらつく中をゆっくりとした足どりで登高する。ニュウのあたりはシラビソやコメツガの原生林でびっしりとうずまっており、枝はたくさんの雪をのせてとても重そうである。2時ニュウの頂上に着く。
 雪が舞っているのでまわりの山々は見えないが、そんなことは私にはどうでも良かった。気の合った仲間と静謐な雪の森の中にいるだけでとても幸せなのだから。
 中山峠まではシラビソが空高く林立している。枝という枝は雪をびっしりとまとい、視界に入る樹々がどれもこれも雪の重さに耐えかねてゆらゆらと揺れている。心は安らぎ、至福のひとときがゆっくりと流れて行く。川口さんも折笠さんもすっかりご機嫌だし、私も病気のことなどすっかり忘れ、雪の感触を楽しむ。北八ツの森は現実の世界を幻想の世界へと誘う。君は雪の森にひかれてここへやってきたのか、それとも現実からの逃避でここへやって来たのか...。今の私はどちらも肯定せざるを得ない。弱い自分をここでは隠すことはできないし、隠したって仕様がないのだから。
 3時半、今日のねぐらである黒百合ヒュッテに着く。夕闇の迫った庭の中に、灯りのともったテントがいくつか張られている。小屋の中は暖かく、お茶がとても美味しい。
 夜、雪は止み、満天の星となる。オリオンの三つ星が、また私を呼んでいる。
 しんしんとした山あいの山小屋の庭へ出て煌めく数々の星を見ていると、北八ツの山行での懐かしい憶い出へといざなう。こんなときは私の心が最も静まり心が安らぐ時だ。見たまえ!この星あかりに写し出された真綿のような雪を被ったシラビソの森を。

12月28日(晴)
 今日は雲一つない快晴。奥秩父のシルエットは力強い朝日によって打ち破られ、まぶしい光粒が雪山を照らし出す。天狗岳は眼前に大きく聳立し、西には北アルプスの山々が屏風のように連なっている。アイゼンをきしませて天狗の頂に立てば、360度白銀の山々が展開する。根石岳への道は山上の散歩道だ。夏沢峠付近は今回のルート中雪が最も深い。雪をかぶったオオシラビソやコメツガはあまりにも美しく、去るのが惜しいようなところだ。
 泉野方面への道は全く歩かれておらず、静かな雪の道だ。時間が許せばそちらへ足を向けると良いだろう。
 夏沢峠ではゆっくりと昼食をとる。女性2人は硫黄岳へ行き、私は峠にとどまる。12月といえど陽射しは春のように暖かい。峠からはラッセルされたジグザグ道をどんどん下れば、じきに本沢温泉につく。温泉に入りたかったけれども時間的余裕がなかったので素通りし、足早に松原湖へと向かう。

                    ニュウ7802      ニュウ8202