新雪にふるえる綿帽子・再び北八ツ・ニュウへ


渋ノ湯〜黒百合ヒュッテ〜東天狗岳〜黒百合ヒュッテ〜ニュウ〜白駒池〜高見石〜渋ノ湯

登山日 1978年2月24日〜2月26日
参加者 山野、江間、内藤、川口、石川、若宮
コース・タイム
 ○2月25日(小雪)
新宿、前夜行23:55-5:42茅野5:50(タクシー)-渋ノ湯(朝食)8:00-10:20黒百合ヒュッテ11:55-13:10東天狗岳13:40-14:13黒百合ヒュッテへの分岐点-ニュウへの分岐点-14:50黒百合ヒュッテ
 ○2月26日(晴)
黒百合ヒュッテ7:22-7:50ニュウへの分岐点-9:40ニュウ9:50-10:45白樺尾根、白駒池分岐点11:00-12:00白駒池(昼食)12:30〜12:55高見石13:25-14:08渋ノ湯15:15(バス)-16:35茅野17:19-20:17新宿

 最近北八ツはバス道路が次々と開発され、北八ツ特有の黒木の原生林はだんだん失われつつある。そのような中にあって中山峠からニュウのあたりは北八ツに残された数少ない静謐な森林高地(ホッホ・ワルド)である。
 渋ノ湯で朝食をとったのち、8時に歩き始める。小雪が舞い始め、北八ツ山行にふさわしい旅立ちとなる。きれいにラッセルされた緩やかな道を1時間も行くと、唐沢湯からの道を迎え、ここよりルートはほぼ直角に折れ、あとは平坦な道がしばらく続く。やがて左手に中山直下のごつ岩地を見るようになると、じきにシラビソの点綴する黒百合平に着く。
 空身で、正午に天狗岳登山に向かう。雪が舞い視界はきかない。岩稜を軽快に登高し、1時間ちょっとで東天狗岳の高みに立つ。帰りは中山方面にちょっと立ち寄ったのち黒百合ヒュッテに帰る。
 夕食はさつま汁とギョウザという豪勢な食事でおなかがいっぱいで動けなくなる。夜空にはまばらではあるが星が輝いている。にも拘わらず天からは細かい雪が美しく舞っている。ヒュッテは空いており炬燵のぬくもりの中で眠りに入る。
 
 5時起床。7時22分ヒュッテを発つ。空は青々と澄みわたり気持ちが良い。昨日の新雪は20cmも積もったのだろうか、道は粉雪でさらさらとしており気持ちが良い。ニュウへの道ははっきりとしていて迷うことはない。枝と枝が交差していて、時々首筋から粉雪が入り込む。ニュウに近づくにしたがい森は暗くなる。シラビソの綿帽子は新雪に震え、樹々は時折雪の重みできしむ。ニュウの少し手前でワカンをつける。ニュウの岩場の頂に立てば天狗や硫黄の火口壁が指呼できる。でも北に広がる樹海が深い印象となって心に残る。
 白駒池の位置と地形を頭に入れ、再び森の中に入る。ニュウから先は踏み跡がなく、赤布やテープに注意しながら慎重に下って行く。たいしてもぐらないので歩みは快調だ。ニュウから1時間ほどで白駒林道への分岐(指導標がある)に着く。ここからは黒木の原生林の中を白駒池へと向かって行く。雪があまり深くないせいか、思ったよりも道は分かり易い。所々についている赤布が確かなルートであることを教えてくれる。ニュウから遠ざかり、白駒池が近くなると明るくなり、春のような強い陽射しがふりそそぎ汗ばんでくる。白駒池から高見石への急登を一気に登りつめ、岩の高みに立てば青空いっぱいに白雪を抱いたアルプスの峰々が見える。奥秩父、佐久や西上州の山々は間近に黒々と連なっている。ここから眺めるニュウは見栄えのしない台地状の森だ。やはり、ニュウは見る山ではなく、静かに懐かしみながら漂うところのようだ。
 高見石から渋ノ湯への道はきれいにラッセルされている。空はあくまでも澄みわたり、エナガが暖かい陽射しの中ではしゃぎまわる。かもしかのような足で一気に駆け降り、あっという間に渋ノ湯に着く。
男性2人は湯にひたり、とてもご機嫌だったのに、女性の方は中年男がいつまでも入っていて、中に入れず気の毒であった。

                      ニュウ7512     ニュウ8202