厳冬の八ヶ岳本峰縦走


赤岳鉱泉〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜権現岳〜三ッ頭〜甲斐大泉
   
登山日 1970年12月29日〜30日
参加者 単独
コース・タイム
○12月29日
茅野6:15(バス)-7:07美濃戸口-7:55美濃戸(朝食)8:20-10:30赤岳鉱泉-13:10 硫黄岳-14:20横岳-15:45赤岳石室(泊)
○12月30日 
赤岳石室6:10-6:50赤岳-9:10キレット小屋9:40-11:40権現岳-13:10三ッ頭-16:55甲斐大泉

12月29日(曇のち晴、風強し)
 新宿発の最終列車に乗り込む。車内は割合すいている。5時40分、茅野駅につく。茅野よりバスで美濃戸口まで行く。バスを降りて空を見上げると今にも降り出しそうな、どんよりとした天気である。夜行列車の疲れが出てピッチがだんだんと衰えて行き、スローペースで赤岳鉱泉にたどりつく。鉱泉から硫黄岳にかけては風が強く、硫黄岳から赤岳にかけての稜線は視界が閉ざされている。時折、ガスの切れ間から大同心の正面壁がポッカリと浮び上がる。疲労気味の身体に頑張りをきかせてようやく硫黄岳に着く。  硫黄岳から先は強風と寒気で身がひきしまる。凍てついた横岳への斜面を慎重に登りつめて行く。横岳主峰に着く頃よりガスが切れて山全体が晴れ上がってくる。いくつかの鎖場を通り過ぎながら、三叉峰、石尊峰と越えて行く。鉾岳、日ノ岳あたりは天侯が悪いと迷い易いところだが、幸い天気が良くなりルートは見つけ易い。凍りついた岩稜を慎重に攀じ登って行く。二十三夜峰につくと横岳の岩稜帯は終る。あとはのんびりと写真をとりながら石室へと行く。赤岳石室着、15時45分。風が強い。小屋には小屋番しかおらず、宿泊客は私一人であり、ゆっくりと夕食のカレーライスをつくり、夜はコタツに入りくつろぐ。夜空にはいっぱいの星が煌めき、佐久の村の灯は明るく、美しく、手にとるような近さだ。

12月30日(晴)
 4時半起床。6時10分、小屋を発つ。赤岳への登りは凍りついており、ゆっくりと小刻みなステップで登って行く。天侯はこの上なく良く、2899mの高みに立って、幸せなひとときだ。奥秩父、南アルプス、中央アルプスはもちろんのこと、北アルプスまではっきりと白銀の嶺々の連なりをみせている。赤岳からはキレットの下りだ。上部は岩に氷がはりつめており慎重に下る。中央から下部にかけては雪がほとんどついておらず、夏と全く同じ状態である。キレット小屋に着く頃には陽射しが強くなり暖い。阿弥陀岳の広河原沢奥壁や赤岳の立場川奥壁の眺めは豪快だ。キレット小屋付近は割合に雪が多い。ここから権現岳への稜線は難しい所も特になく、眺めもすばらしく良く、快調だ。登山者もほとんどなく、静かな山行が味える。権現岳からは三ツ頭、甲斐大泉へと下るコースをとる。下りは解放感からか、身体中がだるくなり、少し歩いては疲れが出、歩みがはかどらない。三ッ頭直下で膝までのラッセルがあり、少々雪が深い。三ツ頭からは長い長い道をどんどん下って行く。もう歩くのがいやになった頃、ようやく甲斐大泉駅に着く。