楽しい冬の公園散歩
 私が板橋区から新座市に引っ越してきた頃(14年前)、わが家の南側は雑木林で鳴くコジュケイの「チョットコイ、チョットコイ」が朝の目覚まし時計であった。用心深くなかなか遭遇できないが、散歩中にバッタリと出逢うとその色彩にハッとさせられた。そこは小さな雑木林であったが、コゲラならいつでも見ることができた。そこには最近住宅が建つようになり、コジュケイの目覚まし時計もとまってしまった。とはいえ、わが家の裏は大きなエゴノキがあり、200m位西側には3000平方メートルの雑木林があって、いろいろな野鳥がやってくる。冬になると、わが家の小さな庭にもメジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ジョウビタキ、キジバト、マヒワ、カワラヒワ、ツグミ、シメ、アオジ、ウグイスなどがやってくる。ある日キジバトが家の屋根の下に巣をつくり、毎日用心深く抱卵し、もうじき巣立ちが見られると楽しみにしていたが、カラス?に襲われてしまい、とてもガッカリとした記憶がある。家の庭にやってくる小鳥で可愛らしいのはジージージーと地鳴きしながら、ヒマワリの種を求めてやってくるヤマガラである。それから飛翔する時に鮮やかな黄色い羽を広げるカワラヒワにはいつも歓声をあげてまう。
 山で負傷し、しばらく山へ行けなくなったので、1月下旬に武蔵丘陵・森林公園に行った。探鳥会への参加は実に2年振りであった。登山に明け暮れていた私にとって、探鳥会への参加は怪我の功名とでもいうべきであろうか。森林公園はアカマツ、クヌギ、コナラが多い。モズ、ジョウビタキ、カワラヒワ、アオジ、ホオジロなどを間近に見る。堆積した落葉をさかんにつつき飛ばしている胸が橙赤色の鳥がいる。アカハラだ。ミミズやダンゴムシなどを食べるそうである。朝に夕に「キョロンキョロン、チリリ」と囀る軽井沢の夏を想い出す。というと軽井沢に別荘でも持っているみたいだが、そんなご身分ではない。同じツグミの仲間であるシロハラやツグミも多く見かけ、ガサガサと音をたて、枯葉が飛んでゆく。まあ、これは冬の公園の風物詩であろう。
 新芽が赤くて美しいアカシデ、野鳥が好むエノキなどに見とれているとルリビタキに出逢う。森林公園の青い鳥といえばルリビタキ。スギ、ヒノキ、ヒサカキの谷間に見え隠れする。氷板の上を歩いたりするのも見かける。雌雄ともに美しく、プロミナーから覗くとうっとりとする。この鳥が霧の煙る奥秩父のツガやコメツガの森で囀るルリビタキと同じ鳥なのだろうか。昨夏、釜ノ沢・西俣を遡り、甲武信岳へ向かう途中、目の前のコメツガの小枝で自慢の喉を響かせていたのを想い出す。リョウブといえば秋の紅葉を思い浮かべるが、木には「新芽をごはんに炊き込んで食べる」との説明が書かれていた。
 小高い丘には八重寒紅の芽が赤く膨らみはじめ、梅の木の下にはたくさんの花弁を優雅にひろげて、福寿草が咲き始めていた。寒い時期に開花する福寿草は日光で花が温まり、虫を誘う。ある新聞にここの公園管理センターの小国彩さんの談話が載っていた「気温が8度から10度の時、花の中心は20度ありました。虫を温めるかわりに受粉をしてもらっているんですね」と。元日草ともよばれ新年を祝うめでたい植物とされているが、本州では盗掘が多く、絶滅の危機に瀕しているとも聞く。これから春にかけて、この丘はクロッカス、カタクリ、スミレ、シュンラン、コブシ、モクレンなどの花々で彩られることでしょう。沼でカワセミを観察し、空を見上げればオオタカやノスリが輪を描いて遊泳している。
 昼食後、山田大沼で水鳥の観察をする。カイツブリ、マガモ、コガモ、カルガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、バンなどが遊泳していた。そしてプロミナーに入ったアオサギの凛とした姿にしばし見惚れる。カワウは抱卵しながらも、時々首を後ろに反らしていた。バンの赤色の額板、黄色の嘴と黄緑色の足にはいつまでも見とれていた。オカヨシガモは胸の紋様が何とも美しく度々プロミナーで覗く。ミコアイサ(神子秋沙)の雄はパンダガモの愛称で親しまれているが、ここでは頭がレンガ色で、喉が白い雌しか見届けることができなかった。雄の動きはシンクロナイド・スイミングのデュエットを見ているようだと言われ、しばらく期待して見守っていたが、今日は現れなかった。
 今回、久しぶりに武蔵野野鳥の会の仲間と探鳥し、とても楽しかった。観察した鳥は38種であった。ちなみに一昨年のこの時期は47種とのことであった。そういえば、ヤマガラやエナガを見かけなかったのは不思議であった。
                                            2003年1月
     

                            咲き始めた福寿草

           

                         赤く膨らんだ八重寒紅の芽