カタクリの旅
 春の声を聞くと新緑と山菜それに野鳥のさえずりが恋しくなって残雪豊かな越後の山々へ出かけたくなる。そしてここ数年は会越国境の奥只見周辺に出かけることが多い。昨年末は守門岳山麓へ子供たちと一緒に出かけた。連日の雪で只見線は不通となり、バスで白魔の舞う中を白ずくめの幻惑されるような道を大白川まで行った。12月だというのに道の両側には雪の大きな壁ができていて宿まで行くのにラッセルを強いられる有様であった。子供たちも冬にここへ来るのは3度目。かまくらをつくったりして雪を楽しむ。宿のおばさんは38豪雪の時を振り返り、「食糧は不足し、電気もつかず、2週間ほどローソクの生活をした」と話す。それから私達が帰って1週間後の正月七草の日に隣の守門村で大雪崩があり、8人の方が亡くなられた。ついこの間守門村をバスで通ってきただけにとてもショッキングな出来事だった。雪は降り続き、宿のおばさんの話だと最高積雪は6m15cmに達し、雪おろしが大変だったとのことであった。
 それからしばらくたった3月の末に兄弟4人とその家族で駒ヶ岳の麓にある湯之谷温泉へ出かけた。5ヶ月の赤ちゃんを含め、総勢13名も行ったのでとても賑やかな旅だった。国民宿舎に泊ったが、ここはとてもいい湯で宿賃も安く、部屋からも駒ヶ岳の白い峰が良く見える。隣の老人ホームがあの痛ましい大雪崩でつぶされたため、2階の部屋は老人ホームの人達が仮住いしていた。雪崩の直後、大雪の降る中でNHKが「どうしてこんな雪の多い危険な所に住んでいるのか」というテレビインタビューをしていたが、その時「春がとってもいいから」と答えていたが、ここへ来てみると本当にそうだなあと思う。
 5月の末に、今度は川口さんと原さんと大工君の4人で会越国境の山旅へ出かけた。原さんがカタクリの群生を見たいということだったので「それでは会津朝日岳山麓がいい。せっかく行くのだから残雪の守門岳へ登ろう」ということで、今回の山旅が計画された。
 深雪で長い間不通だった只見線も、今こうし朝陽に輝く魚野川の美しい流れの上をゆったりと走っている。大平から保久礼、大岳をへて守門岳へ登る。ブナの新緑が青空に映え、タムシバの白が美しく点綴する。梢では小鳥たちが賑やかにさえずり、快適な登高が続く。原さんにとってははじめての雪山であるが、足どりはしっかりとしている。山頂付近には沢山のカタクリが咲き乱れている。8年ぶりに1538mの頂に立つ。重畳たる山また山の連なり。下りはみんな思い思いのグリセードで上祝沢を快適に下降する。歩き疲れ、暗くなってから守門荘にたどり着く。ここはいつ来ても食べ切れない程の山菜が食膳に並ぶ。
 明る日は川口さんが一昨年見つけたウドの群生地で沢山のウドを採り、宿を後にする。只見まで行き、会津朝日岳山麓にある憧れのカタクリの群生地へと足を運ぶ。淡紫の可憐なカタクリの花を見ていると本当に心がなごんでくる。春の会越国境は長い冬から開放されて、生き生きとした春の躍動が感じられる。オオルリのさえずりを聞きながら会津朝日を後にする。只見線はいつもガラーンとしており、典型的な赤字ローカル列車だ。でも車窓の景色には詩情が漂っている。いつまでも残しておいて欲しい線路である。


                                         1981年6月
  

          かまくら                       かまくら
    新潟県湯之谷村。父と息子と娘たち    豪雪の新潟県入広瀬村・大白川にて
                                     息子と娘。
                1981年 3月                   1980年12月

雪国のノスタルジア          残雪の守門岳8105