薄みどりに煙るブナの樹々
巌にへばりつく
今にも崩れそうな雪の壁
よろずの鳥たちは春の嬉びを唄い
山の湖は雪解け水を湛えて
静まりかえる

山の高みに立てば
逆光の中に灼然と聳える
白き山々の群れ
行手には
雪と岩の険しい道が
遙かなる思いをめぐらしながら
左へ右へとうねって行く

山々との語らいは
慰めと感傷だけで
良いのだろうか
世の中から隔絶された
この山懐(やまふところ)には
潮騒めく都会の雑踏も
世の中の桎梏も
張りめぐされた陥穽もない
ただ在るものは
眩しい太陽と自由なる大地と
友達のありがたさだ
南会津の春
こまどり