「みんなちさこの思うがままさ」を読んで












 ブナの森と沢登りをこよなく愛する彼女。読んでいると、じきに”ちさこの世界”に入ってしまいました。まさに本の表題の「ちさこの思うがまま」になってしまいました。
彼女の文章は彼女の類い希な感性と未知なる山と渓の世界がつくりだしたものだと思います。それは世界に一つしかない至宝の結晶だと思います。彼女は急逝して気の毒でしたが、浦和浪漫という希有の山岳会に入ってほんとうに幸せな一生だったと思います。まだまだ「桃源郷」てあるんだなと思いますし、人垢によごれていない透明な世界に道草して生まれてきた文章だと思います。前から感じていましたが、「みんなちさこの思うがままさ」は知沙子さんと未知なる渓それに浦和浪漫が渾然として生まれたものでしょう。
 知沙子さんの語りの中に入ってしまうと、そんなに難しくもなく登っているような錯覚をおこしてしまいそうですけれでも、結構難しいルートをたくさん登っているのです。彼女は苦しみもよろこびに変えてしまうんですね。知沙子さんは楽天的で茶目っ気もあり、読んでいて楽しく心は憩いでいきます。
 ボクもやっぱり静かな渓の世界に入って、「みんな○○の思うがままさ」なんていってみたい。登山という遊びは大自然に抱かれてほんとうに素敵な「遊び」だと思う。白川静という漢字学者が「遊」という漢字の起源について、テレビで語っていた。「遊とは精神的に自由になること」だと。ボクは常々、「登山」=「遊」=「精神的に自由になること」と思っていたので、「そうなんだ。そうなんだ」と何度も頷いてしまった。「なんだ私だってそう思っていたよ」といわれそう。だが、ちょっと待てよ。知沙子さんほど「登山」=「遊」=「精神的に自由になること」をおおらかに実践し、うたいあげている人は希だと思う。
・・ちさこよ永遠なれ。
 最近、古元一弘さん、池田知沙子さん、吉尾弘さんと続けて亡くなられ、とても残念です。
合掌                            
                                                       2000年4月
追伸

私は以前から、浦和浪漫山岳会の会報を読んでいて、ひそかな一ファンでした。
知沙子さんの文章は普段あまり山へ行かない人にもひき寄せるものを持っています。
私の過去の山行と重ね合わせて読んでいると、さらに楽しくなりました。
彼女は私の家から近いところに住んでいました。
だから大分前から一度お会いしたいと思っていました。
お会いするには何か理由が必要だと思っていました。
実は文集本「わが山旅の日記」ができたら、それを持って彼女に会いにいこうと心に決めました。
本ができあがったのが3月で、彼女は2月に逝ってしまいました。とうとう一度もお話することはできませんでした。
みんなちさこの思うがままさ
  著 者:池田知沙子
  発行者:池田俊樹
  発行所:浦和浪漫山岳会出版局