奥秩父の森と渓谷へのいざない








 私が登山をはじめた動機は汗を流し、身体を鍛えるためであった。高校の3年間のうちの3分の1は病気で学校を休み、体操の時間はほとんど見学という状態であったから、大学へ入学して最初にしたいと思ったのはスポーツであった。そして大きな自然に接しられるということで登山をはじめた。
 私は「山登り」という趣味をもって本当に良かったと思っている。「登山」を通じて自然に深く接し、自然界における動植物の生々しい姿にある時は驚かされ、ある時はしぃーんとした安らぎを覚えた。あの水や氷や雪、それに風や太陽がくりなす美は神々しいまでの尊厳さを持って私に迫ってきたのだ。
 私にとって「山」とは「大きな自然」である。私にとって「山」は征服するものではなくて、私達「人間」を守り育てる守護神である。あの荒々しい風雪の中で自然に対して求めたものは崇高なる自然の美しさであり、やがて来るであろう明るい太陽であった。
 日本の山々は四季にとんでいる。従って登りたい山やルートは四季によって違ってくる。春は残雪の豊富な越後の山へブナの新緑を求めて行くことが多く、今年と昨年は海谷山塊へ足を踏み入れた。海谷山塊は柔軟さと豪放さの両面を備えた深みのある静かな山群であり、これからも登り続けたいと思っている。
 夏から秋にかけては山はもっとも賑わう時である。私はアルプスの賑わいを避けて静かな山旅をしたいと考える。私は尾根筋を歩くことも好きであるが、沢登りが一番好きである。山稜や尾根筋を山の「表」の部分だとすれば、沢や谷は山の「裏」の部分である。山稜はのびやかであるが、谷は深く抉られていて険悪な山も多い。奥秩父の谷も稜線を歩いていたのでは想像し難い険しい谷も多い。
 「沢登りの楽しみは、何だろうか」
 沢は表丹沢や谷川岳東面を除けば静かな所が多く、山行中誰にも会わないことも度々ある。夏、あれほどの賑わいを見せる八ヶ岳も沢へ入れば全く静かな山旅を味わうことができる。夏のクライミングの涼味は何とも言えないし、急流の中の側壁をへつったり、いくつもの滝をよじ登り、複雑に分れる枝沢を地形図と地石で一つ一つ選びながら遡ってゆく楽しさは格別だ。ある時は深いヤブに閉ざされて引き返すこともあるが、長いヤブ漕きで不安に悩まされながらもようやく尾根筋に出たときの歓びは筆舌に尽し難いものである。
 私はツガやシラビソの林立する深い原生林の山が好きである。だから奥秩父の山はとても好きだ。沢を遡り、朽ちた木々を踏み、のめるような苔の上を歩き、原生林帯に入ったとき、その太古のままに残された幽寂とした森の姿にしぃーんとした安らぎを覚える。カラの仲間は樹々の梢から梢へと自由に飛び交い、メボソムシクイやルリビタキが元気にさえずる。遠くからはコマドリのさえずりも聞こえてくる。原生林の中は野鳥の楽園であり、一人旅のときなどは鳥のさえずりを聞いたり、鳥の戯れる姿を見れば寂しさをまぎらすこともできる。
 山へ入ったら、できるだけ野宿(今はツェルトビヴァークと言う)するが良い。谷川のせせらぎ。生い茂る樹々の香り。かすかに聞こえる葉擦の音。枯枝や流木を焚きながら友人と語り合う楽しさ。自然の中に身を委ね、一日の山旅を静かに振り返り、くつろぐのには野宿という雰囲気がいちばんぴったりとしている。
奥秩父の山々は都心から近い。「身近かな山」である。電車賃も少なくて済み、平日仕事を終えてから出掛けても、その日のうちに沢の出合またはその近くまで行ける。夜寝る前、奥秩父の地形図と案内書をひろげながら、今度はどこへ行こうなどと考えながら渓谷を探るのは楽しい。ただ、伐採が山の奥へ奥へと進み、かつての美しい渓流が倒木に埋まり、一つまた一つと遡行できる沢が減って行くのは残念である。大洞川や滝川周辺の伐採はもういいかげんにやめて欲しい。

                   
                                        (1977年、夏)







甲武信岳・真ノ沢
曲がり三段の滝
  1977.9.4