山の端が赤みはじめると
赤々とした太陽が力強く昇ってくる。
豊醇とした緑の森の谷間から朝靄の静寂を突き破って
ミソサザイの軽やかな歌声が流れてくる。
森は生き生きと芽生え
朝の爽やかな風が樹間を静かに縫って行く。
若者は
空高く聳える緑の樹々を見上げ
しみじみと山を想う。
若者は
高らかに唄う小鳥の調べに足どりを合わせ
逞しく山靴の音をたてて行く。
数百年もの大きな年輪の中で
風と雪の荒れ狂う中で
厳しく 美しく
鍛えられた樹々よ!
やがて来る
ブルドーザーの魔の手と
怨念の のろしをもって対峙し
真っ直ぐに生きよ!

わが家の西側にある雑木林(新座市)
        2002.11

奥秩父の森の中で