奥利根の秋
   曲は One day in Autumn
ベニシジミやシータテハが舞う
奥利根の秋。
ブナやミズナラやカエデに交じって
ヌルデの赤がひときわ鮮やかだ。
陽射しは夏のように強く
水玉のように澄んだ青空の中を
トビがピーヒョロヒョロと鳴きながら
円を描いて滑空する。

空を舞う枯れ葉の一つ一つに
稲穂の上をそよぐ風に
谷の瀬音の快い響きの中に
秋の感触がひたひたと
我が身にしみこんでくる。

山の端が薄煙のように霞む頃
逆側の山の紅葉の森は
夕陽の中で眩く照っている。
老人は皺む手でごぼうを引き抜き
夫婦は稲刈りに励んでいる。

大豆や小豆の畑がちょっぴりあって
袋の中の豆をいじっていると
子供の頃に父に連れられて
多摩川のほとりの畑へ行ったときの情景が
懐かしく浮かんでくる。

桑畑の中をえんまこおろぎが跳ねまわり
鳴く音は秋の寂しさを誘っている。
野菊の咲く道をほんの少し歩くと
お地蔵さんが幾つも並んでいて
そのまわりには
薄紫や白のコスモスが
秋風の中でやさしく揺れている。