落 日
 曲は Detour
愉しかった山の一日も
まどろむような静寂の中で
ゆっくりと暮れようとしている

白檜の枯木は
夕べのかすかな灯りの中で
ひっそりと立っている

赤石のたえなる山波は
暗紫色の流れの中で
墨絵のように連なっている

変幻と移りゆく落日の中で
ぼくはいつもおもう
太陽の恵みの尊さを   
        
                       笊ヶ岳から転付峠へ、保利沢岳付近にて
                                           1978.11.4