渡り鳥

                          曲は Warm Afternoon


秋の葉は風花のように
くるくると舞い降り
枯葉の道は
長く長く続いている。

峠に立ちて
西空に浮かぶ岳々に対峙すれば
赤々と燃ゆる太陽が
山の端に沈もうとしている。

雲は北国の子供達のように
ほっぺを冷たく赤らめて
光の恵みの中を
落ち着かぬ足どりで彷徨っている。

茜色の空に向かいて
一群の渡り鳥が
大きく一度二度旋回し
ふるさとの謡を口ずさみながら
懐かしき南の国へと
舞っていく。