山と音楽   

ぼくはブナの森の中を歩くことが好きだ。秋にブナの森の中を漂うのも愁いがあっていいが、やはり新緑の頃が最も好きだ。早春の芽吹き。タララララーーーとキツツキのドラミングが深い雪の森から渓へ、渓から森へ響きわたる。ブナの森でのオオルリやキビタキの透る囀りがぼくをバロック音楽の世界へと誘う。ぼくは古楽器アンサンブルの演奏会によく出かけますが、バードやパーセルなどのイギリス・バロック、イタリア・ルネサンスの音楽を聴いていると、いつもブナの森が浮かんできます。ほんとうに心のすみずみまで安らいできます。バッハのチェンバロ曲など聴いていると、さらさらと流れるナメ滝の情景が浮かんできます。渓はある時は恋ノ岐川だったり、ある時はずうーと昔によく遡った笛吹川だったりします。若い頃は森の音楽を聴きたいがために奥秩父の渓から森へと歩きまわりました。原生林の中ではいっぱいの野鳥が囀っていて、なんともいえない至福の中に身を委ねることができます。原生林を求めて野鳥の楽園へ。野鳥を求めて原生林の森へ。原生林と野鳥は今日も一緒であり、ヒガラやエナガはコメツガの梢から梢へといそがしく飛び回っています。

若い頃はひとりで山へよく通った。そんな時、口ずさむ歌は「山賊の歌」「岳人の歌」「放浪の歌」「山の子の歌」「山の友よ」「ジグリー」「エーデルワイスの歌」「守れ権現」「紅葉」「朧月夜」「夏の思い出」「坊がつる讃歌」「山小舎の灯」「シーハイルの歌」「草原情歌」「いつか或る日」「青春は雲の彼方に」「れんげ草」「白いブランコ」「風」「若者たち」「旅人よ」「なごり雪」「秋桜」「戦争は知らない」「戦争を知らない子供たち」「秋でもないのに」「この広い野原いっぱい」「精霊流し」等々であった。

♪♪♪野に咲く花の 名前はしらない だけども 野に咲く花が好き♪♪♪

山はいろいろな所を自由に歩きたい。ひとり旅だったら、道を間違えるのも自由だ。道草も自由だ。山の中を漂うことは楽しいことだ。葉擦れの音。風の音。あちらこちらから、うっとりするような楽しい音楽が聞こえてくる。渓は幾度となく枝分かれする。源流の水をすくって飲むと、太古の香りがする。

パンパイプ(パンの笛)が奏でる13世紀のモテット、素朴な笛の音がやさしく響く。上野哲生作曲の「星の国」中世の箱琴、プサルテリーが原始漂うチェンバロの音を奏でる。ぼくは中世の世俗歌曲が好き、セタール(ペルシャに起源をもつ小さなリュート)の音にのるリコーダーの合奏は哀調を帯び夢の世界へと誘う。テナー、バス、コントラバスの3本のリコーダーがあやとりのように音を織り交ぜ、ゆるやかにクーラントを奏でる。そして―――眼をつぶると新緑にけむるブナの森が浮かんできます。





♪♪ 上野哲生さんはロバの音楽座およびカテリーナ古楽合奏団の楽団員。
古楽の小屋「ロバハウスのホームページ」はこちらへ  ♪♪