「山釣りの旅」を読んで


  曲は Tender Lullaby
  
 私の山そして渓へのいざないは奥秩父の森を愛した田部重治や木暮理太郎。大正4年の5月に遡った、この2名に画家の中村氏を加えた笛吹川東沢信州沢遡行、ホラノ貝野営の紀行文は当時の私に大きな感動を与え、1967, 1968, 1969年と3年つづけて笛吹川を訪れたのは、今では懐かしい想い出である。岩登りはあまり行わない私ですが、好んで読む本は岩登りの本です。何故かというと、技術と体力と可能性を極限にまで高めていく姿勢に、自分にはない憧れを感じるからです。緊張感が読者を引きずりこんでいくのでしょう。ここに紹介する鈴木竿山の「山釣りの旅」はそうした緊張感とは異次元の渓と森をさまよう安らぎの世界です。秋田に生まれ、松尾芭蕉や菅江真澄に心酔し、秋田の渓とブナの森をこよなく愛した彼。1999年4月、48才の時、肺ガンでなくなった。そしてふるさとの太平山頂、赤石沢源流、和賀山塊・堀内沢支流のブナ林等に散骨されたと聞いています。竿山の名前の由来は谷川岳・一ノ倉沢の滝谷第三スラブを登攀後、ザックから竿がでてきたことに由来するようです。生まれ育った秋田の太平山、森吉山、和賀山塊や白神、朝日連峰の沢の紀行の中に感動がいっぱいつまっています。「私が菅江真澄に興味とともに親しみを覚えるのは、たまたま彼の眠る墓が私の母校の近く、秋田市内の高清水丘陵にあったということもある。だがそればかりではなく、故郷三河を出て以来、生涯を旅した人物に、ともすれば私の生き様が重なってしまい、共感を覚えずにおれなかったのかもしれない」と彼は語る。だから本書の釣り、遡行記のなかに、菅江真澄の「繁き山本」「すすきの出湯」「勝手の雄弓」「雪の秋田根」「月のおろちね」などが現代文で引用されている。50年にわたり旅を続けた、偉大な旅人、菅江真澄は文政12年(1829)、秋田、角館にて旅の生涯を終えた。「実にいい天気だ。鳥海山、奥羽の山脈、森吉山、白神山地、西方に男鹿半島と日本海、そして秋田平野が一望のもとである。おらほの山、おらほの川。故郷離れて生活していても、そう思えることがなによりうれしい。頂の風は汗を吹き飛ばし吹きわたる。濃密なブナの森が葉裏をかえしては波打つ。きっとあれはブナたちが山の神々に捧げる舞いにちがいない。どこからか夏の祭りにつどう命あるものたちの歌が聞こえてくるようだった。縄文の民とともにあったこの山河に幸おおかれと」(ふるさと山河ありて)・・・「ダム建設による離村とは、単に生まれ故郷を離れるということではなく、ふるさとの山里そのものを失うことなのだと、改めて思い知った。以前子どもらが短冊、角提灯を飾り“きょうも参上、あしたも参上”と村内を練り巡る七夕祭りを目にしたことがある。この口上は私の地方とまったく同じものであった。先祖を迎える旧盆は花が咲き乱れ、ことのほか盛大だったという。校庭に出て校舎を見上げると、大きな文字が一字ずつ板壁に取りつけてあった。“もろびのように かおりたかく たくましく” そうであった。森吉の子は諸檜の子でもあったのだ。まもなく子どもたちを育んだ諸檜の里が沈む。それでも風雪に負けぬ諸檜のように、子どもたちは力強く真っ直ぐに育っていくにちがいない。“うさぎ追いしかの山・・”ふと、誰でも知っている唱歌を私は口ずさんでいた。もしかしたら、もう二度と見ることがないこの山里に、私は惜別の眼差しを向けながら小又川を後にした」(諸檜の里の惜別歌)・・・「北国の遅い春は、一度にやってくる。暗く重く垂れ込めた雲の隙間から、ある日突然明るい陽光が差し込むと、堅雪もようやく解けだし、チロチロと小さな雫となって小川へ注ぐ。やがてわずかに表れた黒土からフキノトウが顔をだし、福寿草やカタクリの花が咲き始めると、周りの田んぼからは、田起こしのダッダッダッという耕運機の軽快な音がこだまして、どこかのんびりとした気持ちにさせてくれる。 そんなある日、北国の人々は春を感じるのだ。それはそよ風に流されて漂う、暖かな土の薫りなのかもしれない。春は雪に閉ざされた人々が、身体で感じる喜びなのである(亀倉岩魚 いま何処)・・・「谿は開け、黄葉まもないブナの平地を二分して、粕毛川は豊かな水を滔々と流す。静水の如き水面はサワグルミの木立を映し、その中へ溶け込むようにイワナが走り去った。己も白神の山と川に溶け込んでいるのだろうか。自然と同化し、束の間の縁(よすが)を過ごさせてもらえるのは至福の極みであろう。なぜか眼(まなこ)はウルウル状態で焦点の定まるところすらない。誠に夢のような旅であった。」(追悼文集・おーい竿山から)
 鈴木竿山さんの文章は暖かな感性で私の心を惹きつける。ふるさと秋田のブナの森と渓の中にいつまでも生き続けていくような、そんな気がしてならない。
                                                      2003年8月
山釣りの旅
  著 者:鈴木竿山
  発行者:鈴木康友
  発行所:株式会社つり人社