山よ!友よ!
* 春 *

春浅き枯草眠る蒜山(ひるぜん)高原
たんぼの畦道も枯草につつまれ
まるでジュウタンの上を歩くような快さ
村人も旅人も誰一人なく
寂寥が高原一帯をつつむ
枯草と赤土のにおいが
ぼくらの心に溶け込む
でも 春だ
緑がゾコゾコ首を出してきた
囲いの牛が大地に放たれる日も近い


* 夏 *

叫べよ!叫べよ!
大地を揺るがす風よ!雨よ!
遠慮などいらん
容赦なく吹きつけよ!
俺はあの すさまじい烈風と
レントゲン色の雲が好きだ
それは あとに必ず
藍色のすばらしい夜明けがくるからだ

モルゲンロートは母に似た優しさを
   我が心に与え
真昼の太陽は暖かき心を
   我が兄弟に与う
紺碧の空に叫ぶとき
   新しい息吹がこだまする
夕べの涼風は
   我が兄弟に憩いを与え
アーベントロートが
   緑の木の葉を黄金色に染める
またたく数々の星が
   我が兄弟に明日への勇気を与う


* 秋 *

十月の空はカラッとしていて
その蒼さは水玉のように澄んでいた
落葉松は秋のさわやかな冷気を いっぱい吸いこんで
黄ばんだ針の葉を静かに浮き出させている
樹間から漏れ入ずる幾条(すじ)もの陽の光は
僕らの頭の上で交差して 木の葉に照りかえしてゆく
朝陽は木々に朝のおはようを言い
ほのかな温もりで木の葉を鞣してゆく
落葉の感触の中で ツツッジャージャーと
コガラが朝の歌を唄っている

十月の空はカラッとしていて
その蒼さは水玉のように澄んでいた
滔々と流れる梓川の浅き流れは
前穂の岳々(やまやま)を水面に刻んでゆく
淡い幻と淡い現実が この美しい野べをつつんでゆく
今は 誰も
この幸せを打ち砕くことはできない
前穂は北壁の部分だげが黒々とした影を落している
北尾根の山襞(ひだ)は蒼々とした空間の中を
昂然とそそり立っている
その岩塊は尖った塔を 岳の高みから涸沢谷へと連ね
反戦の塔のように
若者たちの 自由と安らぎを守っている
十月の空はカラッとしていて
その蒼さは水玉のように澄んでいた
病いとの斗いが終らぬままに 山に入ったわたし
夏の暑い盛りに 萎えた樹々のように
とぼとぼと歩いた病院への往き帰り
夏のキラキラとした面影を追い
マツムシ草やコケモモがうたう 
夏の挽歌を夢で追った日々
けれど 今
かつての幻想と面影が 我が身を大地に踏ませ
息をはずませながら山靴の音をたててゆく

十月の空 十月の太陽
それは迫りくる冬への 最後の挑戦なのだろうか
やがて陽の光は弱まり タ陽が木の葉を照りかえしてゆく
我が兄弟が進むこの一条の道は 涸沢の楽園へと続き
枯葉は中空を旋(ま)い 群がって涸沢谷へ吸いこまれてゆく
赤や黄と緑や黒の色彩が この巨大な画布(カンバス)をうずめてゆく
岳樺はタベの陽を溢びながら 小さく揺れ動いている
ナナカマドは愛くるしい眼差しで
私を見つめ
真紅の実を葡萄の房のように重ねつけている
岳樺よ!ナナカマドよ!
思いきり秋の空気を吸うがよい
岳樺よ!タ陽の中で
雲母(きらら)の像に化けるがよい
ナナカマドよ!夕陽の中で
紅の唇をそっと歯でかんでみるがよい
登山者は胸の高鳴りをおさえ
秋の感触をいっばい吸いこむだろう

  *

十月の空 十月の星
太陽が過ぎ去った涸沢谷に
冷え冷えと透きとおった なつかしい夜がやってきた
星屑は遠い空間を過ぎって テント村を写しだしてゆく
踏みしめた岩肌を想い
岩の感触と瑠璃色の空を とぎれとぎれに語る若者の眼
岩の踏み跡をたどり
ナナカマドに想いをよせ
岳への惜別の灯がともり
語らいと歌声は 淀みなく続いてゆく

涸沢谷はいつまでも明るく
穂高嶺のシルエットは 大きく迫ってくる
北穂の高みの上に ひときは明るく輝く一つの星
揺籃のように ゆらゆらと煌めき動いている
子供のような願いをこめて 天馬(ペガサス)が来ないかと待ってみる
星屑の中から 木管の響きとともに
夜想曲(ノクターン)が静かに流れてくる
過ぎし日々の面影と追憶が蘇り
幼き日の楽しい想い出が
大きな海原を羽撃いてゆく

わたしは 今
穂高嶺のシルエットに囲まれて
涸沢の大地に立っている
煌めく星座の下に立っている


* 冬 *
岳々(やまやま)は静かに眠っている……
冷たい夜空を過ぎって
雪が霧雨のように
細かく寂しく降っている

岳々は静かに眠っている……
風は海空に浮かぶカモメのように
その自由の翼を
柔らかく羽撃いている

梢は今日も真白く着飾って
天からの使者がはこぶ
子守り歌に酔うている

岳々は静かに眠っている……
タンネの樹氷も……
鋭き岩稜も……

写真またはイラスト : 上から
かわらひわ
前穂高北尾根
まつむしそう
ナナカマド
塩見岳・三伏峠 1968.1.3